ポルシェ ミュージアム所蔵の4台が「ラ・フェスタ ミッレミリア」にエントリー!

ポルシェ ミュージアムは、10月19日(金)から22日(月)に関東および東北を舞台に開催されるクラシックカーラリー、「ラ・フェスタ ミッレミリア」にミュージアム所蔵の4台がエントリーすることを発表している。これは今年、世界中で開催されているポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念するイベント、「70 Years of Porsche Sportscar」の一環として行われるものだ。

356 1500 スピードスター

 

今回、「ラ・フェスタ ミッレミリア」にエントリーするのは356 1500スピードスター(ゼッケン68)、550 Aスパイダー(ゼッケン69) 、356 A 1600 S クーペ(ゼッケン70)、356 B 1600 Super 90 Coupe (ゼッケン71))の4台。いずれもマニア垂涎の貴重なクルマだから、走っている姿を見ることができたなら大興奮間違いなしだろう。

550 A スパイダー

市販車の550/1500RSは、かのジェームズ・ディーンの愛車であったことはあまりにも有名。その愛車で事故を起こして短い生涯を閉じたこともあって、1950年代のル・マン24時間クラス優勝などを飾った実績と共に語り継がれる一台となった。車名の550はその車体の重量550kgを表わしているというから、その軽さには驚くほかない。

356 A 1600 S クーペ

「ラ・フェスタ ミッレミリア」では、550 A スパイダーのドライバーをポルシェ ジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸が務め、昨年の東京モーターショーのポルシェ ジャパンブースでも展⽰された356 1500 スピードスターは、パリを拠点に活動する世界的なパティシエであり自身もポルシェ356 のオーナーである青木定治がステアリングを握る。
356B 1600 Super 90 Coupe にはポルシェ ミュージアム館長のアヒム・ステヤスカルが、356 A 1600 S クーペはミュージアムのコレクション責任者のアレキサンダー・クラインが乗り込み、それぞれドイツ人ジャーナリストとペアを組む予定だということだ。
今年で21 回目を迎える「ラ・フェスタ ミッレミリア」は、東京・原宿からスタートして公道1,600kmを 走るクラシック
カーカーラリーとして1997 年から毎年開催されている。アジアで開催されるものとしては、国際クラシックカー連盟から公認されている唯⼀のイベントとしてもよく知られている。
「ラ・フェスタ ミッレミリア」の詳細はこちらから!

ポルシェ公式サイト

クラシックカー好きにはたまらない、年に1度の「ラ・フェスタ ミッレミリア」。今年はポルシェ スポーツカーの誕生70周年ということもあって、正真正銘「博物館級」のクルマが4台も参加するという、豪華なラリーとなりそうだ。「ラ・フェスタ ミッレミリア」のサイトではルートマップや通過予定時刻なども確認できるようになっているので、ぜひお近くを通る際には足を運んでみてはいかがだろうか!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。