いよいよ明日、『昭和40年男 8月号』の発売じゃ。

今か今かと出番を待つ『昭和40年男』の8月号だ。今頃はもう全国の書店さんに到着していて、明日の発売に向けてよだれを垂らしなが「ウーウー」と唸っていることだろう。書店の店主に「よしよし、どうどう」と表紙を撫でられて、なんとかおとなしくしているというところだ。前号のゴールディンウィーク進行と同様で、手を離してから発売日までが長い。僕自身も「ウーウー」である。思えば1週間前の今夜は、締め切りを乗り越えてのうまい酒ながら、全然量が入っていかない情けない酒呑みであった。頭が痛くて全身にひどい疲れをまとっていた。そこまで苦労したカワイイ最新号が、みなさんと出会えるまでもうちょいとだ。

今回の特集タイトルは『今こそ笑え!』とした。2011年という年は、昭和40年男にとって生まれて初めて経験する、初めての危機的状況になった。被災なさった方は大変な日々を続けていることでしょう。また、直接的な被害は小さいものの心が大きく痛んだ方も多いはずだ。情けないことに僕もそうだ。政治や電力会社のバカな話ばかり聞こえてきて、世の中腐っていると感じる場面の方が多いが、真実だってたくさんある。いいことだってたくさんある。だから、やせ我慢でも強がりでもいい、笑おうよ。笑うことはそんな自分への特上のエールなんだ。僕自身、今回の取材を通して、笑うことの素晴らしさを実感した。これまでだって笑いの多い人生だったと思うが、今回の取材を通して笑いそのものを見直したよ。いいものだなあって。

特集内では、「おめでとうございま〜す」の海老一染之助師匠に弟子入りしての傘回しの修行記事と、『笑いヨガ』という笑いのエクササイズ体験記事を担当している。どちらも人生を変える影響を受けたと、大げさでなく言える。本誌をのぞいていただければわかるはずだ。さらに、驚愕の写真が流出するという大事件も起きてしまった。5月発売の締め切り直後に行なわれた呑み会で、酔っぱらって寝てしまった時に顔に落書きされたものだ。それをなんと撮影していたヤツがいて、さらに今回の企画で無断使用しやがった。これは編集長を訴えてやらねば気が済まんが、編集長は僕であるのだからどうしよう? うーん。

明日、書店で会いましょう。いい出会いになるといいなあ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*