昭和洋楽発売間近、その2。

先日の『東京麻布秘密基地』で『昭和洋楽』のデモを視聴してもらったところ、参加者たちからは好評だった。ジャケットもうちの会社で起こしたものでライナーも僕が担当した。曲解説はそれぞれの曲について、ヒット当時の昭和40年男“あるある”で書いてほしいということだったのでかなり悪ノリさせてもらった。音だけでなく、僕の熱いペンによるライナーノーツ&曲解説にも期待して頂戴!!

このサイトでつい先日ご紹介した通り、今回のコンピレーションアルバムは4つのゾーンを作って展開している。そのど頭になる“昭和の王道ゾーン”に続いて、今日は6曲目から9曲目までの“昭和のディスコゾーン”を紹介しよう。

6. ウィアー・オール・アローン|ボズ・スキャッグス(昭和51年/1976年)
7. 宇宙のファンタジー|アース・ウインド&ファイアー(昭和53年/1978年)
8. ハロー・ミスター・モンキー|アラベスク(昭和53年/1978年)
9. ダンスに夢中|レイフ・ギャレット(昭和54年/1979年)

今年は『サタデー・ナイト・フィバー』が40周年を迎えるメモリアルイヤーで、ディスコイベントが多く展開されている。そう、70年代後半からディスコは大ブームとなり、そのままヒットチャートを賑わした。ベテランたちもちゃっかり取り入れて、失敗した例も少なくなかった。俺たちはまだ中坊だったから、よっぽどのワルでなけりゃディスコでフィーバーはしていないだろうが、曲は多く知っていた。そんなディスコソングの大ヒットチューンのなかから僕のチョイスは、昭和の香りの強いものばかりにしようとしたが、ちょっとだけ真面目になって『ウィアー・オール・アローン』を入れた。1〜5曲目まですっ飛ばしたこともあって、バラードが入れたくなったのも大きい。そう、いきなりのチークタイムである。これに続く3曲は70年代ヒットに絞り込んで選曲した。どうだっ、昭和の香りがプンプンするだろう!!

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*