初開催!クルマ×旅の祭典「カートラジャパン2018」in 幕張メッセ

屋内・屋外統合型のカートラベルイベント「カートラジャパン2018」が、2018年9月28日(金)より3日間、幕張メッセ国際展示場10-11ホール及び隣接する屋外会場にて初開催される。本イベントでは、車中泊仕様車の展示を始め、展示会業界初となる「車中泊・テント泊体験会」(※)やドライブインシアターなど「クルマとの旅」に関するさまざまな展示や体験会を予定しているというから、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。(※)事前予約は8月下旬から9月初旬、公式ページ上にて募集開始予定。

カートラジャパン2018公式サイト

カートラジャパン2018

■「カートラ」とは

「カートラ」とは、カー&トラベルの略称。「カートラ」は、パック旅行などでは得られない、出発到着時間の自由・旅行先の自由・ペット同伴の自由など、クルマならではの「自由な旅」や、旅先でのキャンプやテント泊・車中泊などの楽しさを提案し、旅行やライフスタイルの選択肢を広げてくれる。また「カートラ」体験を重ねることで、緊急時や災害時の車中泊・テント泊にも役立つ知識や、移動中・旅先でのマナーも身につき、旅先が広がることで地域活性化に貢献できる可能性も秘めている。

■「カートラジャパン2018」について

「カートラジャパン2018」は、「クルマ×旅」をテーマにした屋内EXPO会場と、都心での車中泊・テント泊体験ができる屋外キャンプ会場を統合した日本最大級のカートラベルイベント。会場には車中泊仕様の乗用車から憧れのキャンピングカーまでが揃い、展示会では史上初となる「車中泊・テント泊体験会」(要事前予約)も行われ、「クルマ×旅」の醍醐味を昼夜問わずお楽しみ頂けます。また会場では「ママキッズフェスタ2018」と「いぬのきもちフェスタ2018」も同時開催され、お子様連れのご家族やペット連れのご夫婦など、3日間合計で約6万人の来場者を予定しているという。

<開催概要>

『 カートラジャパン2018|CAR & TRAVEL JAPAN 2018』

会期: 屋内会場
9月28日(金)12:00~17:00(※午前中はプレス内覧会を予定)
9月29日(土)10:00~18:00
9月30日(日)10:00~17:00

屋外会場
9月29日(土)10:00~22:00
9月30日(日)10:00~17:00

会場:幕張メッセ 国際展示場ホール 10・11ホールおよびホール外側(千葉市美浜区中瀬2-1)

前売券/一般(高校生以上) 800円 / 小人(小・中学生)500円
当日券/一般(高校生以上) 1,000円 / 小人(小・中学生)600円 ※ペットケア費/1頭:500円 / 2頭以上:1,000円

主催:カートラジャパン2018実行委員会(一般社団法人日本カートラベル推進協会、株式会社イノベント)

同時開催:ママキッズフェスタ2018 /いぬのきもちフェスタ2018

内容:キャンピングカー・車中泊車の展示・販売、メーカー情報コーナー、アウトドア用品の展示・販売、レジャー施設情報コーナー、各種物販他

■楽しみながら、イザという時に役立つ「車中泊・テント泊」を学ぶ

会期中は、野外シアター・アコースティックライブ・お笑いライブなども行われ、電動バイクの試乗会や天体観測・ヨガなどさまざまな旅先での楽しみ方も体験できる。また、カートラの達人たちが「クルマ×旅」の楽しさを初心者にもわかりやすく解説、緊急時の「車中泊」や「テント泊」に役立つ正しい知識やマナーを学ぶことができる。会場には今後、国内各所に安心してクルマ休憩ができるように整備を進める施設「カートラSTATION」のモデルタイプが初展示されるなど「クルマ×旅」の楽しさが満載の3日間だ。

「カートラジャパン2018」屋内会場

注目は「カートラSTATION」の初公開!

カートラジャパン屋内会場(イメージ)

カートラジャパン2018屋内会場では「カートラSTATION」と呼ばれる施設のモデルタイプを初公開。今後JCTAが、クルマとの旅で安心して「クルマ休憩」ができる環境を日本各所へ整備してゆく施設のモデルとなる。

<主な屋内会場コンテンツ(予定)>

– キャンピングカーや車中泊仕様車の展示
– グランピングトレーラー・VAN LIFE
– 「カートラ STATION」モデルタイプを初公開
– 車中泊ギアの販売・アウトドアのワークショップ
– 車中泊等に関するマナー講習
– 災害・防災エリア
– 愛犬も喜ぶ「いぬのきもちフェスタ2018」を開催

「カートラジャパン2018」屋外会場

史上初!車中泊・テント泊が体験できる「カートラキャンプ」

カートラジャパン屋外会場(イメージ)

カートラジャパン2018屋外会場では、「カートラキャンプ」を開催。注目は、展示会史上初となる幕張メッセでの「車中泊・テント泊体験会」(事前予約制)です。音楽や食事などアーバンキャンプを楽しみながら、そのままキャンピングカーでの車中泊体験やテントを張っての宿泊体験ができる。また翌朝には朝ヨガや朝食なども楽しめるという。

<主な屋外会場コンテンツ(予定)>
– 屋外ステージでの「音楽LIVE」や「お笑いLIVE」
– 「野外シアター」での映画上映
– 天体観測、朝ヨガ、電動バイク試乗会
– ドッグフリースペース

■カートラジャパン2018実行委員会について
本イベントを主催するカートラジャパン2018実行委員会は、本年6月に発足した一般社団法人日本カートラベル推進協会(以下、JCTA)と、イベント企画・運営会社の株式会社イノベントから構成する実行委員会形式で運営しています。

一般社団法人日本カートラベル推進協会について
JCTAは、カートラベル文化の普及を通じて日本人のQOL(クオリティオブライフ)の向上を図ること、車と目的地(都市・地域)を単に「移動手段」としてつなげるのではなく、「車中泊・居住スペース」としてつなげることで新たな旅文化(カートラベル)を創造すること、ならびにもっとクルマで旅する楽しさを伝えることを目的として、平成30年6月1日に発足した公益法人です。

2019年は幕張開催と共に別地域での開催も予定し、2020年にはさらに開催会場を増やす予定だというから、今後の展開が楽しみだ。クルマ&レジャー好きにはたまらないイベント、車中泊やテント泊体験をしてみたいという人はぜひ予約のうえ、訪れてみてほしい!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*