お盆休みは、涼しい美術館で「モネ展」鑑賞がおすすめ!

神奈川県にある横浜美術館では「モネ それからの100年」展が好評開催中だ。

画像提供:東京新聞

横浜美術館は、8月13日(月)~19日(日)の間は休まず開館しているという。さらに8月17日(金)は夜間開館日になっているので20:30まで(入館は20:00まで)展覧会を楽しむことができるというから、仕事帰りに寄ることも可能だ。さらに、同時開催の「横浜美術館コレクション展」も楽しめる!
作品保護のため、展示室の温度は22℃前後に保たれているから、暑い日には美術へのお出かけがおすすめ!8月・9月は夜間開館が8回実施されるそうなので、この機会にぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

印象派の巨匠モネの作品25点と、後世の作家26人による話題の展覧会をお見逃しなく!

画像提供:東京新聞

【開館時間延長(夜間開館)実施日】

8月10日(金)/17日(金)/24日(金)/31日(金)/9月14日(金)/15日(土)/21日(金)/22日(土)

※9月15日(土)18:30から19:00までは学芸員によるギャラリートークを実施(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)

展覧会をより楽しむための「スペシャルコンテンツ」随時更新中!

モネの人生を楽しく図解! 割引付きジュニアガイド

 

開催概要 「モネ それからの100年」

会期:2018年7月14日(土)~9月24日(月・休)
休館日:木曜日(8月16日は開館)開館時間:10:00~18:00
ただし、8月10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)、9月14日(金)、15日(土)、21日(金)、22日(土)は20:30まで(入館は閉館の30分前まで)
会場:横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)
主催:横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、東京新聞、テレビ朝日
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛:トヨタ自動車、三井住友海上火災保険、光村印刷
料金:一般1,600(1,500)円、大学・高校生1,200(1,100)円、中学生600(500)円
※小学生以下無料
※65歳以上の当日料金は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売)
※( )内は有料20名以上の団体料金(美術館券売所でのみ販売。要事前予約 TEL:045-221-0300)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り本展のチケットで「横浜美術館コレクション展」も観覧可
問合せ:TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

「モネ それからの100年」公式サイト

まだまだ暑い日が続きそうな今年の夏。涼しい美術館で、心癒されるアートにふれて、身も心もリフレッシュしてみるのもいいのでは? お盆休み、特に予定を立てていないという人はぜひどうぞ!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。