池中玄太な男。

撮影者を撮影するの図。右がインタビューをした福田さんで、左が誌面用の撮影を担当してくれた落合さんだ

では、PRモードに入りましょうか(笑)。何のって? そりゃあ7月11日発売予定の『昭和40年男』最新号についてですよ。今回は創刊以来の連載企画“タメ年のスゴいやつ”を担当した(本当は毎号担当したい企画であるが、なかなかスケジュールが合わなくて悔しい想いをしているのだ)。話をうかがったのは動物カメラマンの福田幸広さんで、もちろんタメ年だ。

カメラマンという仕事でピンと来る人って誰ですか? 僕ね、池中玄太なんですよ。あのドラマは最高に好きだったし、カメラマンという職業に憧れたものだ。たぶん、多くの昭和40年男に染み付いているドラマなんじゃないかなあ。北海道の雪の中で「鶴子」っていうシーンで泣いたよね。で、今回のインタビューでまず聞いたのは、なぜカメラマンになっのか。すると福田さんは池中玄太の話を持ち出した。「昭和40年男だったら誰もが〜」と切り出したのは、もうね、手を叩いて笑ってしまったよ。まったく一緒なんだねー。ただ、彼と僕の違い大きな違いは、僕はただ憧れただけだったのに、彼は行動したことだね。高校1年の春休みに、機材をそろえて北海道に乗り込んでいるんです。その一歩を踏み出してそのまま30年以上に渡って動物を捕り続けているのだから、まさしくスゴいやつだね。

すごく昭和40年男らしい生き方に感じない? テレビでの憧れをそのまま人生にしていくというのが。無理とか不可能とか考えないで、行動あるのみでいくのがね。俺たちだって、みんなひとつやふたつは夢を見た。でも現実や才能とかって壁があって、ほとんどが挫折して違う路を歩いている。福田さんが夢を叶えたのはまず、行動力があったことでしょうね。行動して、さらに彼は金や名誉なんかにまったく興味を示さず、描いた夢とその世界が好きのパワーだけで歩んだ。うーん、この強さ、夢を実現する人間と、僕のような凡人の違いですな。

夢を叶えたビッグネームの人が必ず言うよね、夢は信じていれば必ず叶うって。その通りなんだと、年齢を重ねるごとに思うようになった。結局のところどこまで集中できるかで、たいがいのことは何とかなるんですな。ところが、若いころは集中に対しての妨害が多い。それは、金だったり名誉だったりはもちろんのこと、遊びの誘惑だったり、ラクな人生からの招待状だったり。また若いからそれらから受ける影響が大きい。挫折でなく集中力の欠落だったんだなってわかったのは、ごく最近なんだからまったく凡人だよ。

でもね、そんなことがわかってきて、まだまだ僕も夢追い人で生きたいと思っていたところ、彼とあえて本当によかった。きっとみなさんも、もう一度夢に燃えていこうと思ってもらえるインタビュー記事になりました(うわー、自画自賛)。乞うご期待の“タメ年のスゴいやつ”が掲載される、『昭和40年男8月号』は、7月11日発売です。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*