カワサキ25年ぶりの勝利か!?

今日も『鈴鹿8耐』が開催される、鈴鹿サーキットからお届けする。台風12号によって、鈴鹿サーキットのイベント広場はとんでもない被害を受けた。昨日はどのブースも撤収作業に追われ、今日はその復旧作業に追われている。骨組みだけを残したあるブースは、その骨組みがすっ飛ばされてしまいバラバラになっていた。来場者を楽しませる仕掛けの数々の変更や中止が相次いでいる。

 

どっこい、今日のレースはおもしろくなりそうだ。天気が心配なのはどのチームもイコールだから言いっこなし。今行なわれているフリー走行ではウェットタイヤを履いてスタートした。カワサキを今日のポールポジションスタートへと導いたジョナサン・レイはウェットタイヤを初めてテストしているという状況だが、とんでもない速さだった。それにしてもジョナサンには驚かされっぱなしだ。ワールドスーパーバイクではミシュランを履いているのに、いきなりのブリヂストンで次元の異なる走りができるのだから、もう驚異としか言いようがない

 

さて、ここで僕の予想ベストスリーを発表しよう。今日の優勝はカワサキだ。どんな路面でもジョナサン&ハスラムは速く25年ぶりの勝利を果たす。2位はズバリ、ワークスで復活を果たしたホンダだ。カワサキを追い続ける展開になるだろう。これはまったく根拠のない予想ながら、今日はヤマハはこない。3位にはホンダで戦うムサシRTハルクプロという大胆予想とさせていただく。応援しているライダーや親しく付き合っているライダーといった、個人的な関係はすべてすっ飛ばしての予想じゃ。さあどうなる?

 

写真はゴールからぴったり12時間前の朝7時半に撮影した。これからどんなドラマが繰り広げられるのかと、静かに待っているかのようだった。勝利の女神さんよ、今日はどのチームに微笑むんだい?

 

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。