もの忘れはどうよ?〜最新号がやってきた。

今日も最新号のPRを続けさせていただこう。今日は毎度読むのが嫌な企画『昭和40年男のための健康講座』をご紹介しよう。タイトル通り、今回は「もの忘れ」についてご指導いただいた。

 

中身は本誌を見ていただくとして、同世代諸氏のもの忘れ具合はいかがだろう。僕はひどい。まず、名前が出てこない場面が激増している。なんであの人の名前がと思うことしばしば。電話番号を指が覚えている取引先に颯爽とダイヤルする。先方が出る。なじみの声なんでちょっとした会話をしてから「えーっと、今日は」と誰に電話したか忘れているなんて始末だ。「また掛け直しまーす」なんてひどいことがある。

 

もう1つ。僕は会社に倉庫部屋を持っていて、そこに何かを取りに行くと、その何かが出てこないことがあるのだ。この2つが僕のもの忘れのひどいところで、仕事の穴を開けるような事態はまだない。もっともメモ帳に書き込むことを怠らないからであり、ちょっとした案件もすべて書き込む癖がついているのは、もの忘れの酷さの裏返しだな。

 

まあ、いろいろと衰えていくのは仕方なしだが、人様に迷惑かけるようにはなりたくない。『昭和40年男』の健康講座は、その手前で食い止めることをテーマにしている。僕のもの忘れ具合にうなづいた方は、必見ですぞ!!

 

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。