サッポロ 麦とホップ「明治維新150年・維新の英傑缶」発売!

サッポロビール(株)は、サッポロ 麦とホップ「明治維新150年・維新の英傑缶」を7月31日から山口県で数量限定販売するという。なんとも強インパクトなパッケージの「麦とホップ」の登場だ!

この「麦とホップ」は、山口市に多くの志士が集まり、歴史の転換期の中で「明治維新の策源地」となったことを広くPRすることを目的に、山口市の「明治維新150年記念事業」とのタイアップで販売されるという。
サッポロビールは、1876年に現在の北海道札幌市に設立された「開拓使麦酒醸造所」をその前身としている。明治維新後、明治政府は1869年に北海道開拓のために開拓使を札幌に設置し、勧農・殖産興業政策の一環として同醸造所を設立したこともあって、同社は、山口市の「明治維新150年記念事業」をはじめ、今後も「明治維新150年」に関する取り組みを応援していくそうだ。

商品概要

サッポロ 麦とホップ「明治維新150年・維新の英傑缶」
パッケージ:350ml缶
発売日・地域:2018年7月31日~ 山口県で発売
原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)
アルコール分:5%
価格:オープン価格
デザイン:山口市の国宝「瑠璃光寺五重塔」を中心に明治維新に活躍した英傑の3名(※1)と、山口市の「明治維新150年記念事業」のロゴがデザインされている。
販売数:4,000ケース(350ml×24本)

(※1)木戸孝允・西郷隆盛・坂本龍馬

今年はNHKの大河ドラマ「西郷どん」も幕末が舞台で、明治150年というキーワードをあちこちで目にすることが多い。昭和40年男世代も「維新もの」が好きな人が意外と多いのでは?そんな維新好きにおすすめの「麦とホップ」だが、山口県限定というから、この際旅行がてら買いに行ってみる?

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。