最新号がやってくる~魅惑のレオタード。

今日も明後日発売の最新号のご紹介を小出しにさせてもらおう。ちなみに今、山形でこれを書いていて暑いのなんのって。東北は涼しいとはバカな江戸っ子の勘違いだな。

 

今回の巻頭特集は『昭和洋楽』をテーマに、4つの要素に分けて展開した。それぞれは、時間旅行・心に残る・大研究・事件簿とした。昨日はトップを飾った時間旅行から解説させていただいた。今日は“心に残る”からひとつご紹介しよう。今日のタイトルにしたまんま、俺たちにとってレオタードとはすなわちオリビアである。今回の表紙ではノーランズの対抗馬として最後まで悩んだ。

 

オリビアといえば清純派の美しいお姉さまだった。それが突如、セクシーダイナマイトに変身したのがいうまでもなく『フィジカル』のPVだ。あのお姉さまがまるでキュティーハニーや峰不二子のように思えた瞬間だった。当時のシーンが激しく地殻変動していたのは昨日もふれた。そんな中で失敗した大御所が多くいるなかで、賛否両論はあるもののオリビア・ニュートン・ジョンとデヴィット・ボウイは大成功だったと僕は断言する。ロッドも昨日はややこき下ろしたが、ほぼ成功だっただろう。いやいや。結局すげーヤツらはこの時期の波に飲み込まれ失敗しながらも、その後はやはり取り戻しているのだ。この辺もじつにおもしろいことで、その渦中にいた俺たちはなんと幸せだろう。

 

オリビアのレオタードが日本に与えた影響は大きい。この後、日本のカワイイ女の子たちはこぞってレオタードを着て、エアロビクスに夢中になったのだから。洋楽シーンが昭和を彩っていくこんな現象もひっくるめて僕は『昭和洋楽』と呼ぶ。うーむ、今回の特集は楽しいな!!

 

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。