だんじゅり祭り。

いきなりタイトルと全然関係ないが、今日は6月の最終日である。ということはもう今年の半分が終わろうとしているのだ。早いっす。信じられない程のスピードで月日が過ぎていく。明日からはもう後半戦となり、年末へのカウントダウンとなるのだ。そして7月の最終日に僕は46歳になる。シックスティーンを迎えたのが30年前ってことだ。つい昨日のようなハイティーンへの仲間入りだったのに、あれから30年なんだねえ。と、そんなセンチメンタルジャーニーな気分にひたって一杯呑りたい今日なのに、そんなの夢のまた夢。7月11日発売号 (vol.08) に向けて締め切りが迫るなか、作業は続くよいつまでもって長いトンネルの中で、針の穴程に見える出口に向かって走っている。

いや、嘘です。今日はこの原稿が初筆です。朝8時前に作業を始めたものの、タイトルとかデザインの整理に追われ、そうした作業も10時前にすべてが止まった。なぜか? 今日はねえ、月末なんですよ、月末。支払いだったり、諸々の手続きだったりに追われて、てんてこ舞いっす。もちろん今日の昼間が使えないのはわかった上で、夕べもがんばってキーボードを叩いたのさ。今日はこれを書き上げたら、大物原稿2本を書き上げて、早いとこスッキリしたいなあ。あっ、そうそう、どうでもいい話だけど夕べのココイチは我慢した。だってね、ジーンズがキツイから。ホント締め切りウィークに3食キチンと食うのは危険だね。

さてさて本題です。今日はちょっくら仲間のPRでもさせてもらいましょか。本誌連載ページ “裏みつを” の執筆を担当している、立川流の噺家である立川談慶さんと、エンターテイメント集団 “ザ・コンボイ” のジュリさんこと、瀬下尚人さんのコラボで開催される舞台、『だんじゅり祭り』が開催されるぞー。二人の持っているものを発散させながら、かつ、昭和40年男には考えさせられるテーマでのストーリーで、タメ年たちにおすすめですぞ。僕ももちろん応援に行きます。詳しくはこちら

二人ともタメ年の昭和40年男で、僕が言うのははなはだ失礼であるが、決して器用でない生き方をしている二人だ。ハートがあってまっすぐで、ホントいいヤツらです。だから応援したくなるし、きっとタメ年男にはたまらない熱を感じるはずだ。そのまんま、彼らの人柄がにじみ出てくるのですよ。ああ、不器用なタメ年男たちだけど、こんなに輝くんだなって。じゃあ、俺も負けてらんねえやってか。

こんな歳になってくると、人間の価値の本質ってのがどんどん見えてくるよね。もちろん差異はある。腹の黒いヤツには、そこの世界の本質があるだろうし。ただね、少なくとも僕の雑誌を読んでくれている皆さんですから、きっとわかってくれていると思って書くけど…、男ってさ、輝いている場所にいることなんかどうだっていいやあね。じゃなくて、どんな場所でも瞬間でも、輝く自分をつくろうとしていられ続けることなんだってね。観客席から見るまばゆい彼らの活躍は、ちょっぴり押されるかもしれないけど、それはそれ。一瞬の輝きは誰だって放つことができて、彼らの場所がたまたまあそこであるということで、そしてラッキーなことに僕らは観客席からそれを感じることができるってことだ。だったら感じて自分の世界に持ち帰った方がいいと思うから、僕は足を運ぶのだよ。ちょうど締め切りも終わって、平和な心で行けるタイミングだしね。がんばれよー、タメ年二人〜。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*