部長島耕作も参加した祭り。

先日の博多滞在で撮った貴重(!?)なカットだ。何が貴重って未完成の山なんだから。

 

きっと今頃、博多っ子たちは血をたぎらせながら大酒をかっくらっているいることだろう。明日から2週間にわたって盛大に行われる祭りが『博多祇園山笠』で、僕が大好きな癒し&パワースポットの櫛田さまの奉納神事である。なんてったって2週間というのがすごい。島耕作さんも部長時代にトライしているから、知っている方も多いのではなかろうか。僕の博多好きの小さな要素に、耕作の博多でのくだりがとても好きというのがあるかもしれない。何に対しても真摯に向き合う彼のキャラは学ぶところが多いですなあ。

 

ちょっと話がそれた。毎年7月1日から始まる『博多祇園山笠』だから、きっと今年の暦は盛り上がることだろう。日曜の開始だったら見物客も多いだろうし、同じく最終日も日曜日ってのは都合がよろしいはずだ。祭りを終えての大酒がきっと心地よいだろう。

 

もう20年以上前のこと。たまたま実家に帰ったら祭りの日で、町会を手伝ったことがあった。役員さんは年齢の高い方ばかりでそれは歓迎された。子供神輿の手伝いだったが、最後はご高齢の役員たちと一緒にかつぎ出す始末で、ちょっと盛り上がりすぎの悪ノリ大人たちだった。そして「あきちゃん、毎年手伝いに来てくれ」なんてうれしいことをおっしゃっていただいたが、残念ながら翌年以降この日は必ずイベントの仕事が舞い込んで来る日になってしまい1度も行けなかった。さらに今年、お袋が実家を出されたからもう僕には故郷の祭りへの参加資格を失った。うーむ、老後はやはり博多に住むかな(笑)。

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*