インベーダーの再来だったビリヤードブーム!?

酔っていたものでビリヤードの写真を撮ってない。そこで懐かしのこんな表紙でごまかすダメな俺です。ブームのイメージってことで(苦)

先日、出張先でクライアントと盛り上がり、バーへと2次会に繰り出した。若者が群がるダーツに対して、その何倍ものスペースを占拠しているビリヤードが空っぽじゃないか。1人のおっさんが言い出した。「やりますか」と。この日は若手も一緒にという会で、28歳2児の父親も一緒で彼の目も光った。僕だってまったくの素人ではない。すぐさまカウンターからグラスを持ち出してビリヤード台の近くに移動したのだった。

 

俺たちの若き日のことだ。映画『ハスラー2』の影響だと思われる、突如としてビリヤードブームが起こった。猫も杓子も状態で、繁華街のあちこちにプールバーなるおしゃれなバーができた。それだけじゃ腕を上げたい需要に追いつかず、台だけをズラーッと設置したビリヤード場も多くできた。ここで安価に修練を積み、プールバーで颯爽とプレイするなんて輩が多かった。僕はあまり金を自由にできなかったので上手な方ではなかったが、それでも玉が入った時の快感は知っている程度にプレイした。おそらく23歳くらいまでのブームだったと思われるが、その後キューを持つことはなかったのだからおよそ30年ぶりのビリヤードだった。

 

僕がプレイするのはもっぱらビリヤード場だった。アルコールも安くラインナップされていて、仲間と出掛けるのに十分なレジャーセンターだった。中にはビールの自販機だけなんてビリヤード場もあり、おしゃれでない僕を助けてくれた。当時は飲食店がどんどんきらびやかになっていった時代だ。居酒屋のイッキブームの水面下でおしゃれな人はそれをどんどん磨き、また磨きをかけてくれる店が多くあったのだ。そのひとつが紛れもなき当時のプールバーで、そこに踏み入ると照れっぱなしの僕だったのさ。

 

そして僕はこのブームの顛末を知っていた。やがてビリヤード場はあっという間になくなる。これより約10年前に100円玉を握りしめたあの日、インベーダーブームとあまりにも似ていた。タイトーの本物を茶店でプレイするのに対し、モノクロだったりシールで色をつけたマシンを50円でできるゲームセンターというのも同じ構図だ。そしてゲームセンターの多くがなくなり、誰もプレイしなくなってただのテーブルと化した台が茶店には長く放置されるのだった。最先端のスペースに仕上げたプールバーに、未練がましく台が置いてあったのとこれまた酷似していた。

 

今回、久しぶりに玉を突いて楽しかったこと。酒を飲みながらでもプレイできて、なんとなく粋人のように振舞えたのは意外だった。あの日、こっぱずかしかったプールバーをやっと楽しめたおっさんだった。

 

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*