【S40News!】書籍『おもちゃの昭和史』発刊 。

おもちゃメーカー・タカラ(現タカラトミー)創業者である佐藤安太氏が、自身の波乱万丈な人生と、独自の経営哲学を語った書籍『おもちゃの昭和史』が角川書店より発刊された。

著者は、ダッコちゃん、リカちゃん、人生ゲーム、変身サイボーグ、ミクロマン、チョロQ、フラワーロック、トランスフォーマーなどのメガヒットおもちゃを生み出したことでよく知られる人物。01年にタカラを退任後は教育界に第2の人生を求め、86歳で博士号を取得したというから、パワフルである。

上記の当時の懐かしいおもちゃや、現在につながる代表的なシリーズが生まれた経緯の他、海外進出、経営危機などについても語られており、当時こどもだった我々が影響を受けたおもちゃメーカーの経営はどうだったのか、というビジネス書としての側面もある。昭和40年男なら誰でも一度は触れたことがあるであろうタカラのおもちゃ。興味のある方はぜひ。

■佐藤安太:著/牧野武文:構成
■発行:角川書店
■発売:6月10日
■価格:1,575円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*