ギラギラに加工したカラー写真よ さようなら。アサヒカメラは「モノクロ写真愛!」

『アサヒカメラ 』2018年 5 月号が4月20日に発売される。今月号では、あえて今の時代に向けて、モノクロ写真を怒涛の98ページで大特集という、とても興味深い内容となっている。

最近のギラギラに加工された、いわゆるインスタ映えする写真に反旗を翻すというこの特集。モノクロだけでこのボリュームというのは、アサヒカメラ創刊以来92年の歴史で初という、「かっこいいモノクロ写真の極め方」にクローズアップした完全保存版だ。 

今月号のアサヒカメラはたとえば、巻頭グラビアは林忠彦賞受賞者でモノクロのストリートスナップで世界をまたにかける中藤毅彦さんの新作。昨年のニッコールフォトコンテストで長岡賞(最優秀賞)を受賞した成瀬亮さんが撮る富士山など、現代のモノクロ写真の最前線を垣間見ることができる。

さらに作品を眺めるだけではなく、「デジタルモノクロ表現テクニック講座」では、人気写真家がどういうカメラを使って、どんなロケをして、どういう色味の調整をしているのかを徹底解剖。プリンターの設定方法なども披露してくれるという。

また、今回の大特集に合わせて、椎名 誠さんはもちろんのこと、ベストセラー作家の相場英雄さんら連載陣もモノクロ写真に挑戦。先日、富士フイルムが白黒用のフィルムと印画紙の販売を終了するニュースが報じられましたが、デジタルカメラでも体験できる、味わい深いモノクロ写真の世界を堪能してほしい。写真好きの昭和40年男も、これを機会に「モノクロ」を極めてみてはいかだだろうか?

【編集後記より~編集長の言葉~】
高血圧のため、「銀塩」ならぬ「減塩」生活を強いられています。それでもダシの利いた味にはホッとしますね。シンプルながらも奥深く、ごまかしが利かぬ味わい。
ん? これってモノクロ写真の魅力に似ていませんか?
SNSでは昨今、やけに彩度やコントラストが高い、ギラギラしたカラー写真をよく見かけますが、ありゃどうなんでしょうか? 撮影後の画像処理で仕上げた「絶景写真」なんて、いわば「電気仕掛けの塗り絵」。刺激の強い化学調味料たっぷりみたいなものだなと。
やはり僕は、光と影が織りなす美や粒状感という「ダシ」が利いた写真が好きです。

『アサヒカメラ』 2018年 5 月号/定価:900円(税込)/発売日:2018年4月20日

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*