6月3日秩父開催!オトナたちにも、文化祭を。500名限定「僕らの文化祭。2018~情熱と狂気のプロローグ~」

株式会社オモローは2018年6月3日、「僕らの文化祭。2018 ~情熱と狂気のプロローグ~」を埼玉県秩父にある廃校「あしがくぼ笑学校」で開催する。さまざまな業界で活躍する経営者やクリエイターで組織された、100名以上の文化祭実行委員が、学生時代にできなかった「オトナクオリティ」に挑み、全く新しい文化祭を日本に根付かせるという、聞いただけでワクワクするようなイベントだ。

「文化祭」という響きには、なんとも言えないノスタルジーを感じる。昭和40年男たちの心にもきっとさまざまな思い出が刻まれていることだろう。ぜひ6月3日はそれぞれの思い出にタイムスリップしてみてはいかがだろうか。

学生の頃とは比べ物にならないくらいの、スキルやネットワークを手に入れたオトナたち。その力を今こそ解き放て。ブースやライブコンテンツなど、渾身の企画20以上が爆誕!!

馬から絶品ラーメン、B級グルメ、ゾンビなど、オトナたちの本気が炸裂!
 
廃校のグラウンドに闘志をみなぎらせた馬がやってくる。乗っているのはスタントマン。騎馬戦が行われるらしい。そばにたたずむのは流しそうめんのブース。用意されているのは竹ではなく、台車。様子がおかしい。

理科室は双子が接客するBarになり、図書室は夢を語り合うカフェになった。初対面の男女を恋に導く企画は、胸の高鳴りを抑えられない。野菜の旨みを引き出した濃厚なベジポタラーメンは行列間違いなし。地元秩父の特産物を活かした、みそポテト、みそポテトピザは絶品B級グルメ。

酔っぱらいながらブースを回りたい人は、秩父の地酒・日本酒ブースへ。歓喜と悲鳴が入り交じるお化け屋敷。暗闇の向こうで事件は起きている。10月のファッションショーの宣伝に来たスタッフは4ヶ月前からやる気に満ちあふれている。

ところで、この学校には隠された謎があると言われている。詰め込まれているのは初恋の甘酸っぱい思い出。解き明かすと、何かが起きるらしい。人生を楽しくするオトナたちの祭典。その幕が上がる。解き放て、オトナたち。

<イベント概要>

 「僕らの文化祭。2018~情熱と狂気のプロローグ~」
開 催 日:2018年6月3日 (日)
開催時間:10:00-17:00
開催場所:あしがくぼ笑学校
〒368-0071 埼玉県秩父郡横瀬町芦ケ久保637
入 場 料:3,000円(ブースお買い物券1,000円込み)
公式HP:https://www.bokurano-bunkasai.com/
チケット販売:https://oneheartfestival.peatix.com/

<当日のブース企画>

※諸般の事情によって予告なく変更することがあります。
・周遊型謎解きゲーム…廃校に眠る、初恋の謎を解く。
・UMA部…馬が来ます。馬に乗れます。スタントマンによる騎馬戦も必見。
・新感覚流しそうめん…竹を使わない、新感覚の「流しそうめん」。あたたかい気持ちで見守って。
・子供広場…お子様とともに楽しみ、やすらげる企画が用意されている。
・日本酒部…文化祭をほろ酔い気分で回りましょう。
・Local Kitchen…秩父に生まれた「みそポテト」「みそポテトピザ」をご提供。
・ベジポタラーメン…野菜の旨味がぎっしり詰まったラーメン。
・LOVE♡FES〜恋祭〜…文化祭から生まれる恋の企画がここに。
・怪談教室…子どもに遠慮せず、オトナを怖がらせることに特化した教室。
・スリラーパーティ…ゾンビメイクをしながらゾンビDJと踊れる。
・夢カフェ…夢を語り合えるカフェ。
中洲ツインズBar…中洲の高級Barを文化祭で。美人双子がおもてなし。
・アソビカイギ…10月の文化祭で開催する大型ファッションショーの宣伝ブース。
・ビューティ☆チェンジ…美容の達人たちの手でバッチリキメられるブース。
etc… 

<ライブパフォーマンス>

・DJダイノジ(DJライブ)
・Macs Wind Orchestra(吹奏楽)
・UnRealProject(J-POPショークワイア)
・CirquePhamilia(エアリアルパフォーマンス)
・ステレオパンダ(お笑いライブ)
・アリ☆こうた(お笑いライブ)
・岡野淳一(クイズ)
・Greatest Showgirl(ダンス)
・TRIPLE BET(フリースタイルラップ)

etc…

<開催場所「あしがくぼ笑学校」について>

明治36年(1903年)に山あいの小さな学校(芦ヶ久保小学校)として開校し、平成20年(2008年)の閉校まで、たくさんの卒業生と共に過ごしました。子供から大人まで、笑って楽しい木造校舎「あしがくぼ笑楽校」として、再スタート。
横瀬町の観光や産業、情報発信や人が集まる拠点地として、地域の人たちと利用者をつなぐ、新しいスポットとしての役割を果たしている。

 株式会社オモロー
 東京都新宿区新宿1-36-12 サンカテリーナビル6F

代表取締役社長:寺島裕人
 【事業内容例】
キッカケ発信メディア『Keypage』:http://keypage.jp
クラウドリクルートメントサービス『One Heart Project』:6月リリース予定
個性×地域をテーマに大人クォリティの文化祭『僕らの文化祭。』
 
 【関連URL一覧】
 ■僕らの文化祭。公式サイト       : https://www.bokurano-bunkasai.com/
 ■株式会社オモロー           : https://www.omorooooo.co.jp/
 ■あしがくぼ笑学校           : https://yokoze.dots.bz/

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。