上野の居酒屋『あいうえお』シリーズを知ってるかい?

「次はさしすせそだな、ハッハッハ」
なんのこっちゃときっと皆さん思われたことだろうが、まあまあお聞きくださいませ。僕がバイトしていた上野の居酒屋の名称が『あいうえお』だった。17歳の春のことで、世の中は大型激安居酒屋がブームだった。イッキも大ブームで大学生たちはユニークな掛け声を開発してはトイレを汚していく…、なんて日々だった。

『あいうえお』は上野の飲屋街、仲町通りで一番流行っているんじゃないかというほど、連日たくさんの客を飲み込んだ。僕が入店した頃が1周年とのことだったから、まさしくブームに乗って開店してまんまとハマっての繁盛だ。気を良くした(!?)オーナーは、当然二匹目のドジョウを狙う。そうして誕生したのがばかばかしいことに『かきくけこ』だった。200席以上の大箱で『あいうえお』と目鼻の距離に堂々オープンした。

この店のオープン日のパニックは今も忘れない経験だ。何がどこにあるのかわからない状態で、ホール係全員が「〇〇はどこじゃー」「ここじゃここじゃ」を繰り返しながらの営業で、パニックながら全員その状態を笑いながら汗をかいた。若さとはパニックさえも楽しめるのだ。

ここまでくれば冒頭のセリフはご理解いただけただろう。『かきくけこ』で働いていると、酔っ払った客から毎日のように言われたのだ。耳にタコ状態だったが、これはもしかしたら三匹目のドジョウを狙ったオーナーもうんざりしていたのかもしれない。そう、次にこの会社が展開した大箱居酒屋は『あいうえお弐番館』だったのだから。このおかげでいつもうんざりさせられていた「次はさしすせそだな、ハッハッハ」と笑う酔っぱらいに「いえいえ、ないですね。あいうえお弐番館が3店目なんですよ」と、反撃できるようになったのである。

さて先日、久しぶりに上野を歩くとなんとこの看板を見つけてしまった。僕が日々汗を流した『かきくけこ』の場所に、よりによって『さしすせそ』があったのだ。30年以上前になるあの日の反撃はウソになっちまったのさ、ちゃんちゃん。

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. い、いつの間に『さしすせそ』が…
    次は『たちつてと』か?
    はたまた『あいうえお参番館』なのか!?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。