あぶさん復活!!

小学館さんの雑誌に大変お世話になっている。ぴかぴかの1年生の時に定期で読んだ『小学一年生』に始まり『小学六年生』まで休むことなく付き合った。その後の『サンデー』『写楽』『FMレコパル』なんかは、青春の甘酸っぱさを連れてくるブランドである。そして大人の階段を上ってバイクキャンプを愛していた時期は『BE-PAL』が定期購読誌だったし、『サライ』『DIME』『SAPIO』は長年に渡ってちょくちょく購入している。そしてなんと言っても『ビッグコミックオリジナル』だ。1度買い逃したことはあるもののもう35年以上の付き合いで、そのたった1度が悔やまれるほどの優良読者である。

現在発売中の最新号の巻頭で『あぶさん』が、特別読切で復活している。おー、パチバチ。あぶさんといえば、僕らの成長に大きく関与した水島新司先生の代表作の1つだ。昭和48年に連載が始まり、40年以上『ビッグコミックオリジナル』の看板スターだった。『浮浪雲』の浮浪さんと並び、昭和を代表する男の中の男である。久しぶりのあぶさんはまだまだ元気そうで、やはり『ビッグコミックオリジナル』によく似合う。

2人が去り、僕もとうとうさよならの時が来たのかとよぎった。が、どっこい最近の『ビッグコミックオリジナル』には気合を感じる。強い作品が多いように思うのだがいかがだろうか…、ってそんなに読者はいないかな。

あぶさんが大活躍する最新号だが、明後日には次号の発売になってしまう。早めに手に入れて、ついでに僕が感じる気合を共有できたらうれしい。あれれ、なんだか小学館さんのPRのようになってしまったな(笑)。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。