今日この日。

今年もこの日を迎えた。もう7年経つのだ。あの日『昭和40年男』は隔月発行を宣言した。テスト創刊の2009年、季刊発行の2010年を経て、現在に続く隔月刊誌の誕生日だった。震災前に綴ったこのブログや発売されたばかりの『昭和40年男』の、すべての表現が不謹慎に思えたほどだった。

傷の癒えていない方が多くいる。生活や心が被災直後より悪い方へと向かっている方も多くいる。原発の問題は一向に先が見えない。今日、テレビを中心とした報道でそれを知ることは、せめて元気な我々にできることだろう。

震災直後の2011年5月発売号で、現地レポートと奮闘するタメ年男の記事を掲載した。社会の中枢にいる我々世代が復興へとコミットする。これは責務なんだとした。風化させず、小さくともいいからできることを考えていこう。そんな今日である。

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

  1. ありがとうね。
    川崎フロンターレの選手達も溝の口駅前で募金活動してくれてた。
    1年に1日でも忘れない事が大事だと思う。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。