『昭和40年男』最新号は「ジャンクなプラモ」特集。

毎度おなじみ、雑誌『昭和40年男』発売日が近づいてきました。3月は11日が日曜なので、前倒しで10日の発売となりますよ。ということで、まずは恒例の表紙公開から!

昭和40年男 2018年4月号 表紙

フフフ。昭和40年男ならではの特集ですよ…。詳細は明日以降、少しずつ解説していきますので、お楽しみに!

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

4件のコメント

  1. おつかれさまです!
    大のプラモファンの自分にとりましては、まさに待ちに待った号になりそうです。
    特に前号のチョロQのページに登場された漫画家の小澤さとる先生が、独自に考案された「ロボダッチ」シリーズ。それに関する話題につきましては、プラモファンにとりましても、小澤先生のファンにとりましても、非常に楽しみです!!

  2. 表紙を見る限り、今では存在しないメーカーがたくさんありますね。私達が小学生の頃、プラモデルは最高のおもちゃでした。ガンプラ、ミニ四駆に押され…..自動車模型は、完全に私達世代がターゲットのディスプレイばかり。マブチモーターで走るプラモデルは….今は昔ですね。発売楽しみにしてます。

  3. >> 松尾正勝 さん
    今はなきブランド、メーカーが本当に多いですね。流行り廃りが激しい業界ですので、生き抜くのも大変だったんだろうと思います。当時、水ものだからとキャラクター類には手を出さないメーカーと、積極的に波に乗ろうとするメーカーがあって、そうした姿勢の違いも経営に大きく影響したようです。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。