健康診断のユ・ウ・ウ・ツ。

タイトルのユ・ウ・ウ・ツからジュリーに飛んだというあなたはなかなかやりますな。七変化したジュリーの中でも、僕はこの曲が大好きだった。

さて本題。同世代と呑むと生活習慣にまつわる数値がちょくちょく話題になる。まったく心配なしなんて蚊帳の外で笑っている奴もいるが、僕はその中に積極的に入れる男だ。そのくせ習慣を変えずに笑い飛ばしているバカ者である。まっ、深刻じゃないからそんなこと言っているのだが、明日に迫った検診に今年ばかりは少々ビビっている。

一昨年の結果は、3ヶ月や12ヶ月再検査のマークがいくつか見られたのにもかかわらず、翌年の診断で審判を受ければいいやなんて半ば無視した。だが去年は、検診日前後がヘビーワークに見舞われ行けず、落ち着いたら病院に行こうと思いながらもズルズルと過ぎ、結局会社の検診日がやってきた。つまり24ヶ月になってしまったのだ。一昨年には血糖値、尿酸値、コレステロールなどなど、酒呑みの典型のようなところが赤点だった。これがどこまで悪化しているのだろう。

が、よい面もある。ヨーグルト生活を習慣化できたことだ。以前、編集長が取材から帰ってくるなりヨーグルトは地球を救うくらいの勢いで讃えていた。ならばと買っては来たものの、毎日とはいかずに習慣化することができずじまいだった。

去年の夏のことだ。足にバイ菌が入りとんでもない痛みと腫れに苦しんだ。バイ菌に囲まれて幼少期を過ごした世代なのに、これは情けないったらありゃしない。そこでヨーグルトは抵抗力を格段にあげると語ったあの日の編集長を思い出し、完全に習慣化して半年になる。明日に向けてすがる武器はこの1点しかない。体重は2年前より格段に増えているし、仕事も増える一方でその分だけ神経をすり減らしてきた。さあ、どうなる? 結果はだいたい3週間ほどだから、この間だけは幸せいっぱいで生きていくぞ(笑)。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

8件のコメント

  1. 自分も再来週 健康診断に行ってきます。
    鬼と出るか蛇と出るか…
    いずれにしても「保健指導室」という名の“説教部屋“に連行されることでしょう。
    それにしても この話題、コメントが多いですねぇ。

    • 鬼も蛇も上等ですね。かかってこんかい!! と言いつつ、ビビりまくっている健診終了後のワタシです。
      健康不良者ミーティングとかやりたいですね。

  2. ぼくも今、左足のくるぶしの「低温やけど」の痛みに苦しんでますが、
    プロデューサーさんが夏に罹った足の晴れと痛みはそれとはまた別ですか?

    • 純粋にバイ菌で蜂巣炎ていう病気でした。痛いのなんのって、思い出したくないです。

  3. 北海道の高校を卒業し、働いて34年。18歳のときは60㎏もなかった体重が今は90㎏。先月に健康診断の結果を受け取り、体重は当然に肝機能・コレステロール・血糖値・中性脂肪・さらには血圧に問題あり循環器内科受診の判定。循環器内科をかかり、高血圧、糖尿病の治療開始と栄養指導。命にはかえられない、昭和40年男はダイエットしています。

    • 北の昭和40年男さん、ダイエット頑張ってください。
      なんだかお2人の話でますます明日がユ・ウ・ウ・ツです(苦笑)。

  4. 自分も健康診断では毎回異常無しが当たり前の人生でしたが、中国の乾杯一気飲み文化に四年付き合った代償で体重・胴廻り・肝機能・コレステロール・血糖値・中性脂肪が異常値を示すという、完全なる酒飲み不健康体質になってしまいました…。毎日薬を飲み不摂生な生活を改めて何とか駐在継続のお許しを貰える再検査結果が出せました。仕事も健康も過信は禁物。オレは大丈夫には何の理論も無いです…って、52になってから気付くなんて遅過ぎますよね。。

    • B太さん、そいつは大変ですね。
      取引先の方々からも、出張の際に乾杯一気飲みで意識をなくしたなんて話をよく聞きます。中国の方々は耐えられるのでしょうか。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。