すべてにありがとう。


毎年最後の夕焼けを眺めながら「すべてにありがとう」の気持ちを強めるのだが、今年は見られないかな。東京の大晦日にしては珍しく、今日は終日くもりの予報だ

このブログの大晦日はこのタイトルで綴る。そう決めているわけではもちろんない。そうできるように1年を踏ん張っているのだ。やりきれなかった日や、なんでこんなにバカなんだと自分を責めた日はたくさんある。その度に自分を立て直しながら歯を食いしばって前を見た。その連続が今日の感謝の気持ちにつながっていき、今年もこの言葉で締められることは喜びである。

いやーーーーーーーっ、きつい1年だった。人生史上もっともきつい1年を軽く更新した。が、今日この日に、きつい1年を更新したなと振り返るのが近年では喜びになっているかもしれない(ドMかよ)。いつになったらここから抜けられるのだろうと考えるのも、もうバカバカしくなってきた。


今年1年僕を励ましてくれた松岡修造さんにも「ありがとう」

ガキの頃、大人になったらラクばかりできるのだろうと思い描いていた。宿題はなくて、好きなものが食えて、親や教師から説教されたり大人から理不尽なことを強要されない。な~んて考えていたのだからガキってのはカワイイですな。宿題は増える一方。好きなものは確かにガキの頃よりは食えるようになったものの、そのためには苦労がある。社会からの説教や理不尽、逆風はガキの頃と比較にならない。

~苦しみ抜いてるやつにも なにかに怯えるやつにも 真っ暗闇の俺たちにも 朝は必ず訪れる~
今年こんな曲を書いた。心から出てきたそのままに綴った言葉だ。軽々しく言う気はないが、苦しみ抜いているタメ年諸氏がたくさんいるはずだ。今日この日に生きていくことを諦めようかと考えているかもしれない。でも、苦しい日々を越えることを諦めずに繰り返していくことでしか、喜びはやってこないと無責任ついでに言う。死ななければ朝は必ず訪れる。

人生ってのを積み上げることで気付きに深さが出てきた。その深さのおかげで、人物から得る気付きが増えている。見つけた時、自分を呼応させてみると浅さが苦しさを連れてくる。もっともっと見いだせるように自分を磨かねば、努力を重ねなければと強く思う。この悔しさは反面心地よくて、大晦日の「すべてにありがとう」の気持ちが大きくなる。来年もこれを目指して生きることを誓いながら、今日より三が日はめいっぱい呑みます(笑)。

たくさんの出会いに恵まれた。たくさんの笑いに包まれた。たくさんの愛を見守ることができた。今日は今年の幸せだけをトレースして、明日へと、来年へと向かっていく。

バカなブログに1年お付き合いいただきありがとうございました。ではみなさん、よいお年をお迎えください。

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. 今年はとうとうヤフー検索も出来なくなった彼の地中国で、趣味のミニカーの最新情報をアップしてくれる方と、昭和40年男のプロデューサーさん、御二方のブログが日本の日常を感じる癒しです。真面目に感謝しています。
    高校出てから叩き上げでリーマン人生突き進んでここまで来ましたが、振り返ると家族とか両親とか大事な人に何がしてあげられたか?ありがとうという五文字をちゃんと口に何回出せたか?色々と考えさせられました。
    プロデューサーさんのぶっちゃけたつぶやきが好きなので、アオるようで申し訳ありませんが来年もガッツリぶっちゃけたつぶやきをよろしくお願いします。
    で、いつか東京ドームやわ貸切って昭和40年男の大集会を実現してください!(^^)
    では、こちらは1時間遅れてわまだ22時前ですが、日本は後1時間で平成30年!
    昭和100年まで後7年!いい年にして、いい歳を取りましょう!(^^) …桑田と安室ちゃんは何時唄うのかな?

  2. B太さん、あけましておめでとうございます。癒しに役立っているとは、感謝感激です。もっともっとぶっちゃけを磨きます(笑)。
    異国での日々はきっとご苦労ばかりでしょう。お身体を大事になさってくださいね。
    では今年も突っ走りましょう。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。