ホーム > プロデューサーのつぶやき > クレイジーな浅草のクリスマス!!

クレイジーな浅草のクリスマス!!

2017 年 12 月 26 日 プロデューサー コメント

昨日は、今年最後となる読者の集い『浅草秘密基地』が開催され、無事に今年を打ち上げた。クリスマスと重なったスペシャルデイだからと、マスターは飲み放題コースを設定。さらに、おしゃれタウン麻布で『セレニータ』というレストランを経営する、常連さんでひとつ上の兄貴がフードを仕込んでくれた。彼の店は月曜日が定休だから秘密基地にフラリと寄ってくれるのだが、さすがにこの時期は休めない。せめてフードで参加させてくれとの熱い気持ちで運び込んでくれたのだ。

 

 

飲食店にとって12月は特別な月で、ましてや麻布のレストランのクリスマス前後となれば1年のピークを迎えているはずだ。そのままに疲れもピークだろう。そんな中、きっと山のように積まれた仕込みがあるにもかかわらず、我々のばか騒ぎのために5品の肴にプラスしてメインとなる肉料理までこしらえてくれた。店に着くとご覧の通りきれいに盛り付けてあったのだ。涙、ナミダ、なみだである。こんな強い想いと優しさが持ち寄られるのが秘密基地だと胸を張る。

 

 

と、これだけの準備が進んだのは嬉しいものの、マスターとはこんな大切な聖なる夜に人は来てくれるのだろうかと心配ばかりしていた。が、ひとりまたひとりと読者さんたちが集ってくれた。そして、前日のイブで仕事は終わったはずのサンタさんが2人に、なんとトナカイさんまでも駆けつけた。これぞ、参加者同士が互いを喜ばせようという秘密基地スピリットである。聖夜と呼ぶにはちょっとハメを外した笑い声が、途切れることなく浅草に響き渡っていた。

 

 

500円未満の予算で用意したプレゼント交換会と、僕のクリスマスソング、そして何度も繰り返されたメリークリスマスの掛け声での乾杯。どれもこれも気持ちがこもっていてあたたかく、終始笑顔のままで過ごした時間は今年のいい想い出のひとつになった。

 

 

気持ちが連鎖して時間が丸くなる。そんな出会いをこれからも多く生んでいきたい。時代は冷めていく傾向にあるように感じるが、そんなのごく一部のことだと笑い飛ばす俺たちだ。つらいことに歯を食いしばって前に進むためにも、人は人といい時間を作り出しガハハと笑う。俺たちに必要なエネルギーでもある。

 

 

来年もまたみなさんとお会いできるのを楽しみにしながら、そして新しい出会いに期待しつつ今年の秘密基地の幕を閉じることにする。ありがとう。

 

 

 

  1. avatar
    浅野
    2017年 12月 26日 19:13 | #1

    どうも前座サンタです(^^)
    素敵な先輩達見習わないとですな(^^)v
    特に麻布の兄貴の男気にはみんなで応えましょうね(^^)v

  2. avatar
    セレニータ
    2017年 12月 26日 20:44 | #2

    今年もフード参戦できて、また 皆さんに喜んでいただけた様で何よりです!
    今回は、日頃 野菜不足であろうオッサン達のためのメニューでした。
    梅風味のエノキダケの料理は、以前 このブログの「昭和40年男のいい加減クッキング。」で紹介された『なめ茸』に対抗したモノなんですよ!
    浅草秘密基地、最高の空間ですね。
    来年もよろしくお願いします!!

  3. avatar
    小西
    2017年 12月 26日 21:40 | #3

    こんばんわ、本家サンタです。
    事前にFBで触れておいたのが奏功してか、同志が増えて良かったです(o^^o)
    サンタは浅野さんに献上する(殿堂入り?)として、更なる高みを目指します。

  4. 浅野さん、ありがとうございました。来年は真打サンタですね。って、イブに秘密基地はありなのだろうか?

    avatar
    プロデューサー
  5. 兄貴、ありがとうございました。エノキ料理が見えた時はおもわずニヤっとしました。
    すべての料理が、こんな言い方失礼ですがさすがでした。
    来年もよろしくお願いします。

    avatar
    プロデューサー
  6. 小西さん、ありがとうございました。2人サンタとは驚きましたが、最高の演出になりました。殿堂入りして何をしてもらえるのかが今から楽しみです。

    avatar
    プロデューサー