メリークリスマス!!

うーん、なんとも僕には似合わないタイトルですなあ。ともかく今日はイブで、朝の出社の電車はガラガラだった。浜松町の街も閑散としていて、どんよりの曇り空と相まって寂しい雰囲気は、イブを遠ざけるように感じた。


イブに恋人たちを吸い込んだ赤坂プリンスホテルの取り壊し終盤の写真だ。ビルの下から壊していく工法が採用されて、ちょっとした話題になった

俺たちが20代前半の頃。東京のクリスマスイブといえばティファニーに長蛇の列ができて、赤プリには予約を勝ち取ったカップルが押し寄せた。ナウでヤングなレストランはどこも予約でいっぱいになり、十万円以上するプレゼントが女の子たちに供給される1年で最も華やいだ日だった。今もそんなバブリーな人が一部にいるだろうが、当時はそのように過ごした人が断然多かった。

今の仕事に就く前は居酒屋で働く兄ちゃんだったから、最もバブリーな頃のクリスマスはそんな喧騒と付き合えなかった。今考えると残念である。12月に突入すると僕がいた200席以上を誇る居酒屋は2回転近くのお客さんを迎える日が続く。さらに12月だけのスペシャル深夜営業までやるから、イブの頃の疲れは半端でなかった。そこにオアシスとなるのがイブだ。前日までの忘年会モードが嘘のように、客が全然来ない。格安の上野の居酒屋でイブを過ごすのはカッコ悪いとの心理だろう。今じゃそんな気持ちを抱くことの方がナンセンスだという空気を感じるのだから、時代ってのは面白い。つうか、バブルが面白すぎたな。

さてさて、ここでお知らせだ。明日の『浅草秘密基地』は今年ラストとなる。しかもクリスマスじゃないか。つうことで、飲み放題3,000円サービスを実施するぞ。あまり呑めない人は通常のメニューでもよしだ。予約はいらず、7時から11時半までの何時に入っても何時に帰ってもOKのゆるーい忘年会&クリスマスパーティとする。500円以内の予算、もしくは相当のプレゼントを用意してくれ。プレゼント交換会を行う。今年を締めくくるでっかいガハハをみんなで作ろうじゃないか。待ってるぞ!!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。