RCサクセションのチャボさんの写真にウットリ。

発売から1週間以上が過ぎたが、最新号はご覧いただけただろうか。ものすごく手前味噌な話だが、よくできた特集だと胸を張っている。ラインナップの面白さとそれぞれの読みごたえがいかにも『昭和40年男』らしいじゃないか。それに…、ってこれ以上褒めると編集部がのぼせあがるからやめておこう。

ではきわめて個人的な話である。僕にとってアイドルのひとり、チャボさんのページがサイコーなのだ。じつはチャボさんはもう遥か昔のことのようだが、2012年の1月発売号に登場してくださった。特集は『熱源』として、そのまんま昭和40年男の熱の源をかき集めた特集でRCと清志郎さんについてたっぷりと語っていただいた。表紙を清志郎さんで作り込んで、RCに育てられた自分には夢のような作業だった。そしてインタビュー取材では、清志郎さんを語りながらチャボさんは涙を浮かべたのだった。

ロックバンドにおいてギターとヴォーカルは度々奇跡を起こす。1足す1が3にも5にもなるのだ。僕にとって日本におけるロックシーン最高峰コンビがお2人で、甲乙つけがたいのがシーナさんと鮎川さんである。まことに残念ながら、ヴォーカリストは2人とも早くに亡くなってしまったが、おそらく悲しみが横たわったままだろうギタリスト2人はロックを叩きつけ続けている。

さて、この写真に何度もうっとりしながら演奏曲に想いをはせる。このギターポジションと表情から『いい事ばかりはありゃしない』でなかろうかと勝手に決め付けている。名曲中の名曲で聴きながら何度も涙した。そしてこの曲でも、清志郎さんとのコンビは最高なんだと確信させてくれる。もちろん記事でもそれを再認識させてくれて、ファンには涙があふれてくるはずだ。まだ読んでいない方はすぐに手にとってちょうだい。

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. いろいろなライブを観て参りましたが、RCは恐れ多くて行かなかったことが、人生最大の後悔です。文面の中に『シナロケ』の名がありましたが、来春若き日の鮎川夫妻のドラマがあるとのこと。シーナさんの父親役には、あの甲本ヒロトさんと(たぶん)中華料理店でバイトが一緒だった松重豊さん!!但し、放送は九州・沖縄のみとのこと。なんとかして観てみたいものです。脚本に『葉月けめこ』とある…どっかで見たことがあるような……

  2. みたい。鮎川夫妻のドラマなんてうれしすぎる。きっとBSで再放送があると思いますよ。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。