青山のホンダショールームにて泣くおっさん。

昨日は、南青山にあるホンダのショールームに出かけてきた。ここはちょくちょくディスプレイを変えるのと、お茶もできてちょっとした打ち合わせや待ち合わせにも便利だ。アシモのショーも定期的にやっているし、キレイなお姉さまもいるし都会のオアシスと言っていいだろう。

今週末に栃木県のツインリンクもてぎで行われるバイクレースの世界グランプリ『Moto GP』のディスプレイが施されていた。GPマシンなどの展示もあり、都会のオアシスがファンにとっては貴重な展示会になっている。日曜日の決勝はパブリックビューイングが入場無料で行われるから出かけてみてはいかがだろう。天気もあまりよろしくないようだからいい選択かもしれない。

この展示で僕のハートを鷲掴みにしたのは写真のコピーだ。『Moto GP』に引っ掛けたコピーがそのまま人生の教訓になっている。シンプルなコピーなのに、ホンダのショールームにあることやレーシングイメージカラーの赤地であることなど、しばし時間が止まった。こんないい仕事がしたいという想いに、自分自身へのエールに見えてくる想いがかけ合わさって得意の涙腺ぶっ壊れだ。この場所で泣くおっさんがはたしているだろうかと、やがて笑えてきた。

この感動が明後日のサーキットで増幅されるのだろうと思うとワクワクが止まらない。いざ、もてぎ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*