真夜中過ぎの豚骨醤油。

IMG_4903このブログを書くのに、アイフォンのカメラはなくてはならない。ちょっと気になることをカシャと撮り、そいつをもとにして文章が書けるのだからありがたいことである。

さて、今朝のこと。昨夜も楽しかったなと写真を覗き込むと、全く記憶にない写真がある。時間は26時でかつて安全地帯も歌った真夜中過ぎである。かすかな記憶を探ろうと性能の悪い脳をフル回転させると、楽しい宴を終えて別れた後、一人のれんに吸い込まれた映像がボヤッと蘇った。うんうん、入った。が、味の記憶がまったくない。写真を見る限りうまそうな一杯のラーメンと、これを作った親父さん (おかみさんかもしれんが) に失礼極まりないと反省するおっさんが一人、狭いビジネスホテルの部屋でうなだれていたとさ。

ダイエットするんじゃなかったのかと自分を叱責したところで、もう時は戻らない。これじゃ体にいいわけないよと、クレイジー・キャッツを口ずさみながら我誓う。もう二度と深夜のラーメンには手を出さないと (何度でも誓うバカ者) 。50歳過ぎてこんなことやってちゃ死ぬぞと叱りつけたりもする。でもね、昨夜は楽しいメンツとの嬉しい再会だった。最新号 (vol.43) でお知らせした8月に開催する「広島秘密基地」の幹事会だったのだ。西明石への出張から足を伸ばしての再会は、ラーメンの記憶を簡単にぶっ飛ばすのに十分の威力だった。いい人たちに支えられて『昭和40年男』は少しずつ前へと進む。そう思えば体に悪いのも仕方なしだな。それに、たくさん笑った分だけ心はバッチリと栄養を得て、ラーメンと飲み過ぎの悪影響なんざ十分にぶっ飛ばしてくれたはずだ。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*