真田丸、見事なり!!

img_3534-e1467699671372おっさんのお楽しみ、大河ドラマがいよいよ佳境を迎えている。先週は本能寺の変と並ぶ戦国最大の見せ場、関ヶ原の合戦だった。おっと、ビデオに収めたままな方はネタバレするからさっさと観て頂戴。という自分だってつい先週まで追いついていなかったくせに(笑)。

うーむ、さすが三谷さんだと唸った僕だ。幸村の目線で本を書くと語っていた通り、なんと関ヶ原をすっ飛ばした。放送の最後に陣を構えた両軍が凄まじい形相で映り、来週、いやいやきっと再来週あたりまでが楽しみだなあなんて眺めていたら、伝令で終ってしまったのである。楽しみにしていた小早川の葛藤も島津の中央突破もなんもない。ないないない。よく考えたら本能寺でやられていたのだから想像できたかもしれないが、バカな僕はワクワクしっぱなしだった。やれやれ。

それにしても今年の大河は期待していた以上におもしろい。やっぱり僕は三谷さんが好きだ。宮藤官九郎さんと並び、ドキドキワクワクの天才でスピードキングだ。その真逆にいる山田洋次さんと倉本聰さんももちろん惚れ込んでいて、この方々が本を書く時代をリアルタイムで生きられて昭和40年男はつくづく幸せ者だと想う。

その三谷さんが描く小早川(くどいっ)が観たかったが、今日より幸村の活躍が加速することだろう。ここまではお父さんに持っていかれっぱなしだったが、そろそろ黙っちゃいないぞ。今日もしっかりビデオが回る。楽しみである。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. 関ヶ原はあんなもんだと思っていましたけど、上田合戦の描写はもう少し欲しかったかな^_^;

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。