【林哲司が放つニューアルバム】ヒットメーカー、渾身の作品

【林哲司が放つニューアルバム】ヒットメイカー、渾身の作品竹内まりや『SEPTEMBER』、上田正樹『悲しい色やね』、杏里『悲しみがとまらない』、杉山清貴&オメガトライブ『ふたりの夏物語』…。昭和40年男にはおなじみの曲ばかりですが、これらをはじめ数多くの人気J-POPの作曲やプロデュースを手掛けたのが、ご存知の方も多いと思いますが、林 哲司です。

我々の青春を彩ってくれた日本屈指のヒットメイカーである彼が25日、最新オリジナルアルバム『Touch the Sun』(キングレコード)を発売するそうですから、「これはご紹介せねば」と思った次第です。

気になる中身ですが、ウェンディ・モートン、ブルース・ガイチら実力派の外国人ボーカリストだけを迎えたリーダーアルバムで、3年以上もの歳月を費やして作ったそうです。もともと欧米での評価が高かった彼ですから、なおのこと聴いてみたいと思うのは私だけでしょうか。

林哲司がAOR、R&B等の大人の音楽ファンに贈るこのアルバム、25日が待ち遠しい! http://www.hayashitetsuji.com/

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。