【すしの日】“かぼちゃ”よりも魚ですね

【すしの日】“かぼちゃ”よりも魚ですね
11月1日は「すしの日」だそうです

ハロウィーン…。先月の27日にも書きましたが、10月31日の本番は予想通り、いくつかの場所で混乱が発生したようですね。皆さんも映像や紙面、ネットでご覧になったでしょうが、特に“聖地”渋谷は人・人・人…であふれかえりました。警視庁もサッカー・ワールドカップ日本代表戦開催時と同等の警備態勢を敷いたそうですが、仮装軍団の制御はままなりません。信号無視やゴミの放置、小競り合いは言うに及ばず、ついには警察官を殴ったとして逮捕者が出る始末。

なぜ無秩序状態に陥るのか、その群集心理はよくわかりませんが、来年以降、この“主催者なきイベント”に対して、対策を求める声が強くあがるかもしれません。

ただ、個人的に一番驚いたのは、テレビが「今日は仮装を楽しむ日、ハロウィーンです」と、サラッと伝えていたことです。

「そうか、もう宗教的、歴史的な背景は関係なく、仮装を楽しむ日なんだ…」

クリスマスやバレンタインも日本流にアレンジしているような気もしますし、ハロウィーンも同じパターンで溶け込んでいくのでしょうか。

そして、明けて今日11月1日は『すしの日』。店によって色々なサービスを展開してくれているようですから、昨日の仮装軍団も方針変更で、どっぷりと日本の食文化に浸っているかもしれません。

まあ、昭和40年男なら最初から“かぼちゃ”より、断然お寿司ですけどね。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。