昭和40年男と女たち。

夜の雷門昨日は月曜日恒例の読者の集い『浅草秘密基地』だった。お盆休みの疲れからか少々寂しい男4人と女子2人という構成で、人数こそ少ないもののあっちこっちにすっ飛んでいく会話を楽しんだ。

高校野球の話題になったのは、5年以上になるこのミーティングで初の快挙(!?)ではないか。読者のみなさんで注目している方はどのくらいいるだろうか。僕は『熱闘甲子園』をビデオに撮って、夜な夜な涙を流しているバカモノである。

言うまでもなく早実の清宮選手に大注目していた面々だ。関東第一のオコエ選手も話題をかっさらった。だが僕は大反論した。もちろん2人の凄さは認めた上で、この夏のMVPは中京大中京の上野投手に決定だと。173㎝の投手としては小柄な体格ながら、そのすべてを使えばこんなに素晴らしい球を投げることができる。キレキレの球は見ていて心地よい。上野投手と早実打線の対決が実現したら、なんとかして生中継を見ようとまで思っていた。そしてその対決はきっと実現すると思っていたのだが、残念ながら一昨日関東第一にさよならで負けた。江戸っ子の僕が東京代表の勝利を残念がるなんてひどい話だが、僕自身がこれほど燃える選手は久しぶりだから仕方ない。昨日の会話では大人気なくちょっと興奮しすぎてしまった。プロの世界で彼の投球を再び見られることを期待している。

再就職を決めた昭和40年女の話も盛り上がった。この歳で新しい世界へと踏み出すのは大変だろうが、本人はイキイキと希望を語っていて気持ちよかった。そういえば関西バージョンの『大阪ミナミ秘密基地』でも前回、会社を辞めて事業を立ち上げたと宣言して喝采をあびた男がいた。どうやら忙しくやっているようで、近々祝杯をあげたいと目論んでいたりする。

ジムに通い始めて肉体改造に取り組んでいる男が順調にいっているとのカッコいい報告もあった。現在体重5㎏減も達成していて、こうなったら10㎏くらいやったらどうだとの激励になった。『浅草秘密基地』では陸上部が結成されたりと、加齢を意識して体のケアに取り組もうという意識に勢いをつける集いにもなっていると思う。

いろんな会話から明日への元気を得る集いでありたいと願いながら、細々と継続している。じつはほとんどがバカ話だったりして、コイツも元気の元である。11時にはキチンと解散するお行儀のいい感じも健康的でよく、僕は1人残ってしみじみとその日の会話を振りかえる(ひとり不健康)。同世代を意識しながら会話を楽しむ時間を持っていることは幸せなことだと噛み締めながら、じっくりと過ごすのだ。もちろん今日もすこぶる元気だ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

2件のコメント

  1. 刺激受けて走りましたよ(^^;
    ありがたい事です(^^)
    ところで9月は昭和しばりのカラオケ大会は開催するのでしょうか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*