並盛りカレーで喜ぶ昭和40年男。

IMG_2202久しぶりにCoCo壱のカレーを食べた。おそらく今年に入ってお初で、コイツと出会って以来これだけ間があいたのも初めてだ。去年より続くダイエット生活にCoCo壱は危険すぎるから、遠ざかっていた。ご飯を100グラム刻みで大盛りに出来るシステムと、豊富なトッピングが僕を誘惑し続けていて、これはダイエット中には迷惑この上ない。僕にとっては700グラムがあたり前。トッピングありで600グラム、我慢してトッピング&500グラムという食い方をしてきた。

CoCo壱に行かないと、暮らしの中でのカレー比率がグーンと下がることになる。これも今の体を作り込めた1つの要因かもしれない。だがここのところちょっと疲れ気味で、週末もまたタフなイベント仕事があるから久しぶりにと禁断のトビラを開けた。が、オーダーしたのはなんとノーマルの300グラムでトッピングも無し。そんなオーダーをする自分を我ながら褒めてやった。ただしベジファーストだからサラダをつけて、女の子みたいなオーダーが目の前に並んだのだ。

初めて自分の前に置かれた並盛りに「すっすっ少ない」と心が泣く。が、サラダの後に食べ進めていくとなんと満足感が得られたではないか。すなわちこれは、女子並の小食ライフを送れるってことじゃないかっ!!

なんで僕はこんなに大食なんだろうとずっと不思議に思っていた。なんのこたあない、食べ過ぎていたから大食なのだ。最近は朝もご飯は一杯で十分になった。夜のラーメンはたまにやっちまうが、ここでも半チャンをつけないことがある(笑)。1年以上にもわたるダイエットが、居酒屋で働いていた時にあまりの大食っぷりにゴミ箱とまで呼ばれた男を変えた。ついに小学生の頃から続いた大食ライフと決別させてくれそうなのだ。久しぶりのCoCo壱のカレーの喜びに勝る満足感を得た僕だった。

まっ、これまでが尋常でなかったと言えばそこまでで、50代にもなって600グラムにトンカツを乗せているヤツはそうそういないだろう。混んでいた店内でオーダーの声を聞きながら過ごしていると、400や500は出るものの700グラムなんて声は響かなかった。逆にかつての僕は、CoCo壱一目置かれていたかもしれない。人生半世紀を過ぎて、やっとまともな人間になれるのだろうか!?

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

6件のコメント

  1. 確か、昔は1300グラムを食べたら〜というのがありましたね〜
    いっぺん挑戦しようと思ってましたが出来ずじまいでした。

    • ねんねこさん、コメントありがとうございます。
      あの挑戦、今はないんですか。かつてウチの会社の雑誌の企画で若者がチャレンジしてましたが、絶対に無理なことを教わりました。

  2. ココイチは福神漬が美味しいのでいつも容器の半分くらい、いただいてしまいます。

    • 忍の後輩さん、まったく同感です。でも半分は食べないなあ(笑)。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*