【タメ年たちの大活躍!】映画『お盆の弟』に岡田浩暉が出演。

映画『お盆の弟』
映画『お盆の弟』公式サイト

昭和40年生まれの俳優・岡田浩暉の出演する映画『お盆の弟』が7月25日から東京・新宿K’s cinemaを皮切りに全国で順次公開される。

本作は、妻子と別居中の売れない映画監督(渋川晴彦)が再起をはかる姿を描いた作品。2005年の初監督作『キャッチボール屋』が第16回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞した、大崎章監督の10年ぶりとなる監督第2作で、岡田は悪友のシナリオライター役を演じている。

岡田は91年にTo Be Continuedのボーカルとしてデビュー。ドラマ『もしも願いが叶うなら』(TBS系)で俳優として活動を開始、挿入歌『君だけを見ていた』も大ヒットする。以降音楽活動と並行してドラマ、映画、舞台にと活動の幅を広げている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*