【S40News!】新刊『スタジオの音が聴こえる – 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニアたち』。

index

プロエンジニアでもある音楽評論家、高橋健太郎が、名盤のサウンドの秘密を解説した『スタジオの音が聴こえる – 名盤を生んだスタジオ、コンソール&エンジニアたち』(2,000円・税抜)がDU BOOKS
より刊行された。

今、レコーディング・スタジオの多くが姿を消し、音楽史に名を残す一部のスタジオは博物館として営業されている。映画に監督や脚本家、カメラマンがいるように、レコードにもプロデューサーたアレンジャーやエンジニアがいる。そして、スタジオや録音機材を設計したテクニシャンがいる。その隠れたストーリーと音の秘密をわかりやすく解説したのが、この本である。

評論家、音楽プロデューサー、エンジニアである高橋健太郎が24年ぶりに出した新刊である。音楽ファン必読の一冊だ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。