ホール&オーツがやって来る!! 俺、困らない!?

写真昨日の朝、いつものように朝食後の新聞タイムにこんな広告を見つけた。「おおっ、まだやっていたんだ」とつぶやくと同時に♪ダ〜イヤトーン、ポップスベストテン♪のサウンドロゴが頭の中で鳴り響いた。僕にとってダリル・ホール&ジョン・オーツとはあの番組の常連であり、スターである。「キッス・オン・マイ・リスト」「プライベート・アイズ」「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」と、立て続けのヒットをラジオで聴いては、子供心にセンスの良さを感じた。ものすごくポップで、洗練されていて、都会的。なのにヴォーカルはソウルっぽい歌い方で、いろんな要素が入り込んだ80年代の象徴的サウンドに数える僕だ。ミュージックビデオもシンプルでカッコよかった。

でも事件は突如として起こった。カッチョいい金髪ヴォーカリストのダリル・ホールが突如 “俺、困らない” と歌ったのだ。大ヒットを記録した「マンイーター」の冒頭がそんな歌詞で始まる。クイーンのヒット曲`「キラー・クイーン」のサビが “がんばれタブチ” に聞こえるなんてそんな生易しいものじゃなかった。一度そう聞こえてしまうと “俺、困らない” から逃げられなくなっていた。さらに事件は悪い方へと動いていく。当時組んでいたバンドで、この曲をコピーしようとなったのである。ヴォーカルを担当していた僕は、歌詞カードを眺めながら血のにじむような努力の末 “俺、困らない” から脱却したのだった(笑)。

と、そんな想い出たっぷりの彼らの公演は10月で、写真を見る限りでは現役バリバリの姿に見える。情報を検索する限り、どうやら当時のヒットチューンはしっかりと演奏してくれる期待が持てそうだ。レコードを買うには至らなかったホール&オーツながら、青春の1ページにはしっかりと刻まれているから、50歳を迎えた記念に行こうかなと日程を見ると10月19日である。残念ながら月曜日で読者さんとの集い「浅草秘密基地」とぶつかってしまった。うーむ、コイツは困った。“俺、困らない” とはいかない…。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*