小正月。

今日はもともと成人の日だったよね。
みなさんにとって、あっという間の25年だったのではないだろうか?
なんと四半世紀ですよ。ずいぶんと時間は過ぎたものの、
あまり中身の変わらない45歳である。みなさん頷いていることでしょう。

トートツですが、僕はハッピーマンデーが嫌いだ。その日に制定されたのには
わけがあるのであって、その話題が会話から極端に減ったよね。
まっ、こんなことをぼやくのも昭和40年男だからなのかな。
合理性を求める現代人とかけ離れたおっさんでござる。
そして1月15日といえば小正月である。小さな頃はこの日をチョットだけ
特別な日にしてくれた。「今日は小正月だから」といってホントにホントに
ささやかに祝ったものだよ。たぶん親父がいつもより多く呑むための
口実だったのだろうが、お正月と完全に決別する日ともとらえていたな。
女正月といって大変だったお袋にご褒美の1日にするという習慣はまったくなく、
ここに我が家の大黒柱具合があったような気がする。

僕も親父を習って、今日はちょっぴりだけ仕事を早く片付けて、
ゆっくりと焼酎を呑みながら小正月を祝うかな。
というわけでかんぱーい。呑んべえ万歳(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*