【タメ年たちの大活躍!】佐川光晴による「主夫」のススメ。

主夫になろうよ!
『主夫になろうよ!』
佐川光晴 著 左右社 刊
全206ページ 1,700円(+税)

昭和40年生まれの作家・佐川光晴の新刊『主夫になろうよ!』が左右社より発売されている。

佐川は大学卒業後、食肉荷受会社に就職。職務に従事する傍ら30歳で小説を書き始め、35歳(2000年)に自伝的小説『生活の設計』(新潮社)で新潮新人賞を受賞し小説家デビュー。その後、2002年『縮んだ愛』(講談社)で野間文芸新人賞、2011年『おれのおばさん』(集英社)で坪田譲治文学賞を受賞するほか、5度の芥川賞候補にも挙がっており、本誌でもインタビューに応じてくれている。

そんな佐川の新刊『主夫になろうよ!』は、新しい生き方の提案だ。子育ても、家事も、仕事も、楽しみながら生きる秘訣を主夫歴20年の佐川が伝授する。主夫の24時間を追ったドキュメント、50のQ&A、主夫目線の暮らしのエッセイなど、楽しみながら主夫する佐川の様子がよくわかる1冊だ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*