人生50回目の春が来た!!

季節の巡りでもっとも待ち遠しく、そして到来が遅く感じるのが冬から春の変化ではなかろうか。冬至が過ぎてお正月のやわらかな陽に春を感じ始めるものの、まだまだ寒い日が続く。2月4日の立春を迎え、少しずつ梅がほころび始める。だがまだ寒い日が続く。桃やモクレンが咲き始めても本格的な春にはやや遠く、桜前線の便りが伝えられてやっと待ちわびた季節の到来を楽しむ。心がウキウキするのはいくつになっても変わらない。南沙織さんの『春の予感』をついつい口ずさんでしまう今日だ。

夏生まれの僕にとって、次の夏は人生51回目となる。どうでもいい事のようだが、50のピリオドを打つ最後の季節がこの春ということだ。めいっぱい遊ばないと罰が当たると言い聞かせながらも、なぜか仕事が次々と舞い込んでくる。そういう歳なんですな。

では僕の身のまわりに訪れた小さな春をお届けしよう。まずは団地の前に見事に咲いたユキヤナギから。

雪やなぎ

この花は長く楽しめる。3月に入ると少しずつ咲き始めて、桜が散ってもなお咲いているのがよい。続いてはちょっと先取りで先週末の福岡出張で見かけた桜だ。

福岡さくら

やはり春の主役は断然コイツですな。そして最後に食ではなんといってもこれでしょう。

初鰹

脂の乗っていないバサバサなヤツで、香りを楽しめるのが初鰹のよさだ。目には青葉、山ほととぎす、初鰹。春の総仕上げとなる初夏の句だが、初鰹はフライングで楽しめる。今年もつい先日いただき、期待どおりのうまさだった。

今週末は気温がグーンと上がるところが多いらしいから、本格的な春の到来を満喫しようじゃないか。僕はこんなイベントで仕事をしているから、近くにお越しの方は立ち寄っていただきたい。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. ホントいい歌ですよね。最後に♪春の予感〜♪でメロディを変化させるのもカッチョいいです。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。