【S40News!】今年注目の健康飲料『玄米でつくったライスミルク』。

ライスミルク

 キッコーマンは、5月1日より、『キッコーマン 玄米でつくったライスミルク』(190g/200円・税抜)を全国で新発売する。

 「ライスミルク」をご存知だろうか。まさにお米のミルクなのだが、次にブレイクするヘルシーフーズとして今、注目を集めている。そのライスミルクが手軽に飲める商品が発売される。『キッコーマン 玄米でつくったライスミルク』がそれ。しかも玄米だから体になおのこと良さそうだ。

 この商品は、国産玄米のみを原材料に使用したライスミルク。お米が本来持つほんのりと甘く香ばしい、やわらかな味が特徴。砂糖や甘味料は不使用だという。キッコーマンが本みりんの醸造で培った
“糖化”(*)の技術を応用し、玄米が持つ甘みを引き出すことに成功している。酵素の力で、お米のでんぷんが分解されてオリゴ糖やブドウ糖などの糖類が生まれるため、ほんのりとした甘みがでている。

 サラっと飲みやすい口当たりで、そのまま飲むのはもちろんのこと、シリアルにかけるなど、アレンジを楽しむこともできる。牛乳、豆乳、そしてライスミルクも朝食飲料のレパートリーに加えたい。

(*)糖化とは、でんぷんなどの多糖類が、少糖類や単糖類に分解されることです。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。