【タメ年たちの大活躍!】木村ユタカ最新刊『アメリカン・ポップス黄金期の100枚』。

アメリカン・ポップス黄金期の100枚
『アメリカン・ポップス黄金期の100枚』木村ユタカ 著/レコードショップ芽瑠璃堂 刊/2,300円(+税)/2014年12月30日発売

昭和40年生まれの音楽ライター・木村ユタカの著書『アメリカン・ポップス黄金期の100枚』が発売されている。

アメリカンポップス黄金期(1959~63年)に発売された名盤100枚を厳選し、それぞれの作品の魅力を語りつくしているという本書。関連作品も多数掲載され、総ディスク点数400枚にもおよぶオールディーズガイドとなっている。

<主な掲載アーティスト>
エルヴィス・プレスリー、ポール・アンカ、ニール・セダカ、コニー・フランシス、エヴァリー・ブラザーズ、ディオン&ザ・ベルモンツ、ブライアン・ハイランド、アネット、フリートウッズ、レイ・チャールズ、ロイ・オービソン、リンダ・スコット、コニー・スティーヴンス、バリー・マン、リック・ネルソン、シェリー・フェブレー、ビーチ・ボーイズ、クリスタルズ、フォー・シーズンズ、レスリー・ゴア、リトル・ペギー・マーチ、デル・シャノン、スキーター・デイヴィス、パット・ブーン、ポール&ポーラ、ベンチャーズ 他

木村ユタカは、大手レコード店のバイヤー、マネージャー、マーチャンダイザーを経て、2000年に音楽ライターの道へ。1950年~60年代のアメリカンポップスを軸に、ロック、ソウル、日本のポップスなどについて、音楽誌やライナーに原稿を寄せてきた。本誌でもシティポップ特集などで執筆・監修を務めた他、現在は連載記事『洋楽追想記』を担当している。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*