【タメ年たちの大活躍!】林田健司がニューアルバムをリリース。

KICS3167_RGB

昭和40年生まれのミュージシャン・林田健司が、3月11日(水)にNEW ALBUM『RE-WORKS』をリリースする。

林田は91年に『SHERRY』でメジャーデビュー。その後、歌手、作詞・作曲家、アレンジャーとして幅広い分野で活躍を続けている。SMAPの大ヒット曲『青いイナズマ』や『$10』も彼の手による作品だ。他にも中森明菜や郷ひろみなどアーティストへ楽曲提供しており、ソロ活動も活発に行なっている他、ラテンファンクバンド・EROTICAOのボーカリストとしても活動を続けている。

その林田の作家デビュー25周年を記念して発売されるのがアルバム『WORKS』の第2弾『RE-WORKS』となる。MISIA、荻野目洋子、東京女子流など様々なアーティストに提供した楽曲より林田自身がセレクトしたセルフカバーアルバムとなっている。まだジャケットは公開されていない状態だが、公式サイトではすでに完成していることが伝えられており、どのような作品になるか楽しみだ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

    

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。