【タメ年たちの大活躍!】伊勢丹新宿店でハコスコ体験。

SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ昭和40年生まれの脳科学者・藤井直敬が展開するダンボール製VRビューワー『ハコスコ』が伊勢丹新宿店にて開催予定の『DIGITAL LIFESTYLE 2015 TOKYO』に出展される。

本展は、auと伊勢丹新宿店による期間限定のプロジェクトとして、デジタルとファッションを掛け合わせた新しい「モノ」「コト」の体験を伊勢丹新宿店の3フロアで体感できるイベントとなっている。

『ハコスコ』は脳科学者・藤井直敬が開発したVRビューワー。VRとは仮想現実のことで、VRビューワーとは、ゴーグルのように顔に固定して使用するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に頭(顔)の動きに表示が追従する特徴をもたせたものだ。HMDは、一般に高価で装置も大掛かりだが、『ハコスコ』はダンボール製の筐体に専用アプリをインストールしたスマホを装着する、非常に簡単なつくりのため1,000円という低価格を実現。この低価格性、取扱いの容易さと体験の異次元性が話題を集めている。

SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ

この『ハコスコ』を体験できるのが同展の『SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ』。伊勢丹新宿店とau SHINJUKUをジャンプで移動したり、その場にいながら伊勢丹新宿店をウインドーショッピング、ANREALAGEのファッションショーなど臨場感たっぷりの映像体験を楽しめるという。

DIGITAL LIFESTYLE 2015 TOKYO
SHINJUKU Jump & Shopping collaborate with ハコスコ
 日時:2月11日 (水・祝) ~ 2月16日 (月)
 会場:au SHINJUKU (東京都新宿区新宿3-25-1)
    伊勢丹新宿店 (東京都新宿区新宿3-14-1)
    ※ハコスコは本館2階=センターパーク/ザ・ステージ#2に展示

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*