引越完了。

昨日はここ数ヶ月悩まされ続けた引っ越しをやっつけた。
会社への出勤時間で考えると、駅からは徒歩時間が5分ほど長くなり、
電車乗車時間は3分の短縮という微妙なところだが、まあ気に入っている。
今度の街は飲食店が多いのは助かるのだが、帰り道に牛丼屋とマクドナルドが24時間営業、
ファミレスが深夜2時まで営業している。これはマズイ。
〆のラーメンやカレーを我慢してやっとたどり着いた駅に、誘惑が3つのうえコンビニまである。
これまでの街には、コンビニさえなかったから、自分の街に着いてから食べるということはできなかった。
呑んでいる街のラーメンさえクリアすれば、もうセーフだったのだ。
これはかなり深刻な問題である。
“肥満は脂肪の多重債務”と、明日発売の最新号健康講座で言っているが、
その債務を抱え込むのに絶好の条件が揃ってしまったのである。いやあ、困ったねえ。

今回の引越には、実は大きな原因がある。
前の物件は大家とうちの間に不動産屋が入っての契約だった。
まっ、それ自体は不思議でないのだが、家賃もそこに入れていた。
たぶん手数料収入を得ていたのだろう、それはそれで仕方がない。
問題はその不動産屋が倒産してしまったところから勃発した。
オーナーから連絡があり、直接やろうとなった。それもまあよしで過ごしていた。
そして約2年前、更新時期がきたから契約書を交わそうとなったとき驚いた。
なぜか敷金に1ヶ月分、差異があるのだ。
倒産した不動産屋がネコババしたという、ビックリ仰天の事実が浮かび上がったのである。
その時点でもう更新日が近かったから仕方なく更新料を払い、
ただ大家の用意した契約書に印鑑は押さなかった。
だってね、敷金が違う書類なのだから。
「うちは2ヶ月分しかもらっていないから」というセリフもメチャメチャ頭にきた。
せっかく払った更新料だ、ギリギリまで住むけど更新直前には出ようと決めていた。
というわけで今回の引越となったわけ。
そんでもってどうせなら大好きなお正月を新居でということと、
かつ、締め切り直後の発売日前しか無理だろうということで、昨日に決定したのだった。

出社1日目となった今朝は、キョロキョロと探索を楽しみながら歩いた。
おっ、この呑み屋のツラはイイねとか、呑み屋ばかりをのぞき込んでいたよ。
そして先の問題が大きく浮上してしまったというわけだ。
ひとまず本日、忘年会を終えての帰り道を我慢できたかどうかは、明日ここで報告しよう。

追記.
さあ、全国のみなさん、明日は『昭和40年男』の発売日です。
カワイイ僕の分身が書店でみなさんを待っています。
会いに来てくださいね。

2件のコメント

  1. どうもお久しぶりです。みなさん、お元気ですか?
    TwitterではROCKTHEMODSの「すー」です。
    引越し、お疲れ様でした!新しい環境で今後も頑張ってください!

    ところで、vol.5が今日発売なんですねー!待ってましたーっ!
    昭和54年といえば、俺が10歳・・・。
    まだアソコに毛は生えてませんでしたが、記憶には残ってます。
    定期購読にて購入させていただいてますので、届くのが楽しみです♪
    (創刊号も無事に入手しましたので、コンプリート達成ですよー!)

  2. 定期購読、ありがとうございます。この本季刊ということもあってでしょう、定期購読の方も多いのですよ。届いたときに期待はずれとならないよう、誠心誠意がんばります。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。