【タメ年たちの大活躍!】吉見一豊がお茶の水博士に挑戦!

プルートゥ昭和41年2月生まれの俳優・吉見一豊が、来年1月から上演される舞台『プルートゥ PLUTO』に出演する。

吉見は1986年に演劇集団円の研究所に入団し、劇団講演に出演する傍ら、多くの外部作品にも参加している。緩急自在のベテランとして、シニカルでひとくせある役柄などで活躍。大河ドラマ『軍師官兵衛』でも吉川元春役で出演し、話題を集めている。

その吉見が出演するのは、手塚治虫の『鉄腕アトム』「地上最大のロボット」のリメイクである浦沢直樹のマンガ作品『PLUTO』を舞台化したもので、主演に森山未來、共演に永作博美、柄本明、松重豊、寺脇康文ら豪華キャストが予定されている。吉見が演じるのはなんとお茶の水博士! この誰もが知る人気キャラクターをどのように演じるのか、興味がわかないわけがない。

詳細は下記のとおり。

<東京公演>

 場所:Bunkamuraシアターコクーン

 日時:2015年1月9日(金)~2月1日(日)全27公演(予定)

<大阪公演>

 場所:森ノ宮ピロティホール

 日時:2015年2月6日(金)~11日(水・祝)全7公演(予定)

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*