【タメ年たちの大活躍!】藤井直敬のハコスコが雑誌の付録に。

xreality

昭和40年生まれの脳科学者・藤井直敬が開発したVRビューワー『ハコスコ』が、堀江貴文編集長の週刊朝日ムック『xReality』の付録として採用された。

VRとは仮想現実のことで、VRビューワーとは、ゴーグルのように顔に固定して使用するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に頭(顔)の動きに表示が追従する特徴をもたせたものだ。『Oculus Rift』という機器が登場したことで、その可能性が注目されている。

ヘッドマウントディスプレイは、一般に高価で装置も大掛かりだが、ハコスコはダンボール製のため1,000円という低価格を実現。この低価格性と取扱いの容易さが、雑誌付録としての頒布を実現可能にしたという。

世界初の雑誌付録となったVRビューワー・ハコスコ。今後のさらなる普及が期待される。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。