【タメ年たちの大活躍!】プロダクトデザイナー・山口英文の作品を展示

カロ・山口英文
MiLLiSECONDのプロトタイプ

昭和40年生まれのプロダクトデザイナー・山口英文が、現在開催中の合同展示会『EXTRA PREVIEW#9』に出展している。

 カロ・山口英文

新潟県燕市の金属加工メーカー・タケダと共に取り組んだプロジェクトの第1弾であるMiLLiSECONDのプロトタイプと、イヌメモリ、ネコメモリに続きウサギメモリといったの新作を展示するという。

うさぎ 山口英文
ウサギメモリ
山口英文
山口英文

 会期:2014年9月5日(金)まで
 時間:9月4日(木)10:00~20:00
    9月5日(金)10:00~19:00
 会場:TABLOID AREA2 cat walk NO57

    (東京都港区海岸2-6-24)

山口英文は、本誌Vol.26にてスーパーロボットのデザインについて語ってくれているので、ご存知の読者もいることだろう。多摩美術大学 立体デザイン科卒業後、コンピュータメーカーのインハウスデザイナーを経て、グラフィックデザイナー折山優子主宰のカロデザインに参加。現在は、カロの代表として情報機器メーカーへのデザイン提案や、セルフプロデュースによる家具・照明シリーズの開発を行なっている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。