【S40News!】大型バイク『インディアン スカウト』が約70年ぶりに一新。

Scout-thunderblack

ホワイトハウスは、同社が展開する「インディアンモーターサイクル」ブランドより、大型バイク『インディアン スカウト』の2015年モデルを発売、9月下旬から先行予約を開始する。

このバイクは、約70年前にレースなどで活躍した、アメリカのモーターサイクルブランドの復刻モデルとして誕生。1920年代にレーシングチームのマシンとして数々の栄冠をもたらし、“世界最速のインディアン”として名を馳せた「スカウト」の名を冠された。

復刻と言っても、その仕様は現代にマッチした最新のものに置き換えられている。完全新設計の水冷エンジンは100馬力を誇る他、車両重量は253kgと同カテゴリーの中でも軽量さを誇っている。フレームは現代的な鋳造アルミ製とし、軽量化だけでなく、剛性も高く初心者からエキスパートまで満足できる快適性と操作性が追求されている。

また、特徴的なレザーサドルシートはシート高635mmと良好な足着き性があり、サスペンションにはハンドリングと快適性を実現する「リジッドトライアングル」デザインを採用された。かつてのスカウトに搭載されたレイアウトを、現代的にアップデートしているという。

シルバースモーク
シルバースモーク
インディアンレッド
インディアンレッド

スペックは、エンジンが1,130ccの水冷 4ストローク DOHC V型2気筒で、最大トルクは97.7Nm/5,900rpm。トランスミッションは6速。タイヤサイズはフロント130/90-16 72H、リヤ150/80-16 71H、サイズは全長2,311(mm)。ボディカラーはサンダーブラックで、オプションでブラックスモーク(プラス3万2,400円)、シルバースモーク(プラス3万2,400円)、インディアンレッド(プラス3万2,400円)。価格は152万2,800円(消費税込み)となっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*