【S40News!】アオシマからサンダーバード磁力牽引車などリモコン&プラモ発売。

電動走行磁力牽引車01

アオシマ文化教材社は、1/72スケールの電動リモコン『サンダーバード №13 電動走行磁力牽引車』を11月に発売する。

この電動リモコンは、特撮『サンダーバード』で登場する、ジェットモグラなどに次いで人気の救助メカをモデル化したもの。モーターを2個使用し、1モーターで前進後進、1モーターで磁力ケーブルの発射とケーブルの巻き取りを行なう。

電動走行磁力牽引車02
ThunderbirdsTM and (C)ITC Entertainment Group Limited 1964,1999 and 2014.Licensed by ITV Ventures Limited.  All rights reserved.

磁力ケーブルにはマグネットが取り付けられていて、実際に鉄物をけん引でき、特撮の迫力あるシーンを再現できるという。電源には単三乾電池4本を使用(別売り)、価格は5,800円(税抜)となっている。

E70系 カローラセダン

同社では他にも懐かしいモデルが登場する。プラモデル『1/24 ザ・ベストカーヴィンテージ No.36  E70系 カローラセダン 前期型パトロールカー』では、E70系カローラ生誕35周年を迎えて登場。しかも史上初世界初となる“70カローラパトカーのプラモデル化”という、群馬県警などで活躍した車両がプラモデルで再現される。こちらは10月に2,200円(税抜)で発売。

プラモデル『1/24 あぶない刑事 No.01 あぶない刑事 港303号 覆面パトカー』も登場。80年代を代表する伝説的な刑事ドラマ『あぶない刑事』(日本テレビ系)で鷹山敏樹(舘ひろし)と大下勇次(柴田恭兵)の2人が乗り、人気となったレパード前期型の覆面パトカー仕様。パトランプ、TLアンテナ、無線機、自動車電話に加え、パイロンも2個再現される。初回特典として「あぶない刑事」のステッカーも付属、こちらは12月に2,800円(税抜)で発売される。

(C)石原プロモーション
(C)石原プロモーション

他にも、プラモデル『1/24 西部警察 No.10 430セドリックセダン覆面パトロールカー』(11月発売・3,800円(税抜))など、胸の鼓動が高鳴るプラモデルが続々登場する。


最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*