50回目の夏が終わる。

昭和40年の7月に生まれた僕にとって、今年は50回目の夏を迎えたことになる。クソ暑い日の午後に生まれたのだから、おっかさんの初産はさぞ大変だっただろう。だがおかげで、この歳になっても夏が大好きなバカモノのまま50回目の夏も終わりに近づいてきた。物心ついた頃から夏が大好きで、その終わりはいつも悲しい気分になる。山のように積まれた宿題への恐怖の残像が、いまだに強く記憶に残っていて、なんとも重苦しい嫌な気分になるというのもある(笑)。

写真 2-1僕が住んでいる多摩川沿いは、東京のわりには生物や植物があふれていて、四季折々を感じさせ楽しませてくれる。つい先日には夏の終わりが近づいたことを告げる、ツクツクボウシの声が聞こえた。これよりしばらくは、特徴のあるツクツクボウシの鳴き声に風情を感じながら、夏の幕引きの寂しさを味わうのだ。今朝は家の窓からクッキリと富士山が見えた。この時期の朝はほぼ毎日ガスっていて見えることは珍しい。晴れ上がった高い空からも秋が近づいたことを思わされ、またまた寂しさを噛み締めた。そろそろ土手では夜の虫たちが騒がしくなってくる。夜のベランダに出ると大合唱が聞こえるようになり、その声は晩秋に向けて変化しながら楽しませてくれる。フムフム、50回目の秋を迎えるのだな。

花火は見たか。コパトーン塗ったか。朝顔咲いたか。ゆかたは着たか。ご先祖様に手を合わせたか。金魚すくったか。夏祭りに行ったか。そうめんすすったか。うな丼頬張ったか。こうして並べると加藤茶さんみたいですなあ。夏にまつわる行動数あれど、まだほとんど達成できていない50回目の夏だ。せめて今夜は線香花火でも買って帰ろうか。残りすくなった夏を互いに満喫しましょう。想い出に残るひと夏に仕上げる日は、もう残りわずかだ。

2件のコメント

  1. ご先祖様と鰻丼と姪っ子と実家で花火したくらいだな。
    今週末の原宿スーパーよさこいでお祭りは〆るとして、冬生れの私は人恋しくなる秋が待ち遠しいです。

    • 原宿スーパーよさこいは知らなかった。冬生まれだとやっぱり冬好きなんですかね。大好物の湯豆腐がおいしいから冬も好きな僕です。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*