昭和40年男が描く夏の夢。

9連休をお楽しみの方が多いようで、朝の通勤電車もずいぶんラクチンに乗れる。我が社のある街、浜松町界隈はオフィス街でありながら東京タワーや増上寺といった観光施設が混在していて、この時期は観光客とお仕事モード全開の方々が混じりあい独特の雰囲気を醸し出す。楽しそうに過ぎていく家族連れを眺めていると、平和な日々のすばらしさに幸せを感じたりする。たった69年前の今は、日本中の人々が地獄の中で生活をしていた。先人たちが築き上げたこの平和な日々が続いていくように願い、そして努力していくのが我々世代の責務だろう。

2日遅れた高校野球も始まって、まさしく夏本番だ。バカ息子も今日からお盆休みだとほざきゴロゴロしていやがる。てっきりクビになったかと思って心配したのがバカだった。親は夫婦ともに休みなしで働いているってのにこの親不孝者がっ。そう、夏休みを取れない職業の方はたくさんいる。あなただけじゃない、お互いにがんばりましょう(笑)。そして夏休みを満喫している方々は、目一杯ハッピーに楽しんでください。

社会に出てからほぼ夏休みを知らない僕にとって、いつか叶えたいでっかい夢がある。それは、夏の甲子園で高校野球の全試合を観戦することだ。開会式も閉会式もつき合って、ひたすら全試合を眺める。昼時になると弁当と一緒にビールを呑んで「おっと呑みすぎちゃせっかくの観戦が台無しだ」と2缶くらいで我慢して観戦に興じる。と、ここまで細かく設定しているのは長年にわたる夢がゆえだ。戦っている両チームを全力で応援する、無責任なおっさんとして過ごすのだ。なんという贅沢だろう。仕事人生にケリがついた最初の夏に実現させたいと、本気で夢見ている。

THE DAY OF R&Bそんな夢を描きながら、よくよく考えると高2の夏に横浜スタジアムで体験したライブは、当時としては夢の実現と言っていいくらいのものだった。サム・ムーアとRCサクセション、そしてチャック・ベリーによる真夏の祭典だ。RCはちょうど『サマー・ツアー』をヒットチャートに送り込んだ直後で、人気絶頂期だった。チャック・ベリーさえ食っちまうほどの大声援とパフォーマンスに、会場は夏祭り状態だった。アンコールで教授が現れたときには、この祭典の数ヶ月前にヒットした『い・け・な・いルージュマジック』を期待したが、それはさすがにかなわなかった。

つい昨日のことのように思えるあの夏の日から32年が経った。今日この瞬間も、夢が叶って甲子園で振り返る日は「つい昨日のことのようじゃ。わしゃー、ブログでこの夢を語っていたよ」なんてつぶやいていることだろう。炎天下に耐えられる爺さんを目指すぞ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*